AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
シンクロニシティ Synchronicity
シンクロナイズドスイミング、でもおなじみの「シンクロ」という言葉、実は心理学にそのルーツがある。ユングはその論説の中で、全ての事象には内なる原因があると考えた。心の中にうかぶ事象と現実には強いつながりがあると考え、その共時性を「シンクロニシティ」と呼んだ。世の中に「偶然なんてありえない。全ては心とそれを囲む環境のかかわりで生まれる」というわけだ。

日常でおこるさまざまなシンクロは往々にして歴史で片がつく。ある人物とそれなりの時間を共有し、年をとれば、「あ、うん」の呼吸とでも言おうか、お互いの言いたいことや願いくらいはわかるようになってくる。同じ日に同じ映画を観ようと思ってお互いを誘ったり、同時に同じことを言ったり-誰でも経験があると思う。偶然といえばそれはそれでおもしろいけれど、ユングのシンクロニシティーで説明するのもまた一興。

あまりユング派とは言えない私に先日奇妙な出来事が起こった。実は数日前から短期のバイトを探していたのである。話すとなが~くなるが、とにかく自由な時間は多いしその時間を金に換えられたらすばらしいのでは、と考え、フロムA、Web アン、モバイト、etc, etc・・・とにかくありとあらゆるバイト情報を2日間で集めまくった。

条件は

「できれば県内、または豊島区、新宿区、渋谷区近辺、遠いなら時給は1000円は欲しいし採用でごちゃごちゃ言わない職場がいい。スーツ持ってないから服装厳しいと困るが体力には自信がない。短期OK(てか終わる日が決まってないと困る)、交通費ほしい、給料も現金でほしい(できれば)・・・」

見つかるわけないジャン!!orz

正直、ムシのいい話だったろう。しかし、一日単発の倉庫内作業ならある。問題は登録制だから登録会に行かないといけないということ。身分証明にできるようなものが保険証しかないということ-。それに一体どんな作業をやらされるのか皆目検討つかない。あまり日本人とは言いがたい私にとってちょっと不安な材料が多い。しかし人生トライアル。やってみるしかないのか・・・?それともバイト自体あきらめるか・・・?

最後に塾の採点のお仕事の募集をみつけ、これまた登録制だったが、軽作業よりおもしろいかも・・・と登録用紙を記入。あと1クリックで提出・・・というところで携帯が鳴った。幼馴染のK君からで、彼からは具体的な用件以外で電話がかかってきたことはない。幼馴染とはいえ、雑談をする仲というわけでもないからだ。来週のスキーのお誘いだろうか・・・?メールを開く。

「うちの会社で短期のバイトの話(2/16まで)があるんだけど、どうかな?急な話で悪いけど、時間は融通が利くし、給料も相談しましょう。交通費は全額支給!新宿区」

!!!!!!!なんですとーーー!?!?

よっぽど急を要していたのか、次の日に仕事場に連れて行かれる。話を聞いてみたら、採用は即決、時給1000円、10-6時でオフィス事務&校正&データ入力。うほっ!

願いはお星さまに届いたよ・・・というわけで、バイトです。みんなスーツなのにジーパンで出勤してます。初日はお昼までおごってもらっちゃいました。K君ありがとう。

これぞ、シンクロニシティー。

Do you believe in synchronicity? It is a theory advocated by Jung. He thought that anything has its origin in human mind. What we think, imagine, and wish synchronize with events in reality. I am sure most of you can think of one or two amazing “coincidence.”

I am not too much into theories of Jung, but something weird happened yesterday, that might make me believe him more than ever.

I had been looking for a part time job for about 2 days (I didn’t tell anybody about it). It is extremely uncommon for me to look for a job in Japan, since I hardly ever stay here more than 3 months. All my friends know that so they normally assume that I have no will to work.

But this time, I thought “oh well, I am getting older and not richer… maybe I should turn my free time into dough.” So I tried…

My conditions were;

Short-term part time job in North Tokyo area or in Saitama. I want more than $10 if in Tokyo. I need transportation fee. I don’t want them to care too much about my resume (since it’s ridiculously long), and I have no formal outfits to wear. I am not confident in physical work so I would rather work at office…

Was I asking too much…?

I must have been insane. I will never find a job so good… I should compromise somehow… just when I was about to submit a form to sign up for irregular job at prep school, my cell phone rang.

It was from my childhood friend, K. He and I go long way back, but we are not so close. We stayed in touch only because we had friends in common. I was wondering why he was e-mailing me personally… Is this another invitation to a ski trip?

“Hi! There is an opening for a part time job at my office! Sorry about the short notice, but we need someone to help. My company is in Shinjyuku area and time is flexible! Let’s talk about the pay if you are interested. We will pay the transportation fee!”

YEEEEEEEEEEE!!!!

Of course I went. They decided to pay me 1000yen (about $10) per hour and don’t care if I go there in a pair of jeans. My job is to make copies, stamp, enter data, check paperworks, etc. He-he-he.

THIS, is synchronicity. I think I can believe Jung.

And thanks, my friend.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-01-31 20:49 | 思考回路(Diary)
<< 公共の私 Public Me Best of the Worst >>