AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
突撃リポート き・よ・し!
「えむふろうやっぱかっこいいよねー。のーばでぃーのーずとかも好きだよ。笑えるって言えばきしだんだよねー」

久しぶりに日本に帰国すると日本語が宇宙語に聞こえる瞬間がある。これがその一つだ。これらがミュージックグループの名前だと理解するのに私は1~2分かかったが、まあ私の知り合いにはB’zを「びーぜっと」を読む海外在住者がいるから、私はまだマシなほうだ。

だから私はJ-POPは苦手だ。帰ってくるたびに情報を仕入れなおさないといけないし、浮き沈みが激しい。サザンで手を打っておくに限る。さらに音楽は楽しけりゃ問題ないと考えているタイプなので、どこそこのギターうんぬん言うのはめんどくさい。歌って踊れて(重要)笑えればそれでいいのさー

そんな私のささやかな夢をかなえるすごい歌手が日本にはいた!!

きよしだ!!

オイ、ちょっと待て、笑うなそこ!なっなにが悪い!

日本在住の方ならご存知だと思いますが、海外の皆様のためにおさらいをしよう。氷川きよしはビートたけしに見込まれて晴れてデビューできた九州出身の演歌歌手だ。プロフィール、アルバム、顔写真については氷川きよし公式ホームページを見よう。もっぱら顔がいいことと美声、中年女性へのウケの良さで売っている彼だが、私はこの声に惚れた。こっ、この声を生で聞いてみたい・・・!

運良く2月3日に八王子市民会館でコンサートがあるじゃないか!チケットもまだ買えそうだ!いつになくあわてた私はコンサートは誰かと一緒にいくものという固定概念をも忘れてしまったのだろうか、ちけぴに走った。

「ひっ、ひかわきよしの・・・2がつ3かの・・・八王子市民会館の・・・チケット・・・・・

いちまいください。」


やっぱりちょっと恥ずかしかった。

この上なく個人的な理由だったが仕事を早退。近いようで遠い町、八王子へ。ダッシュで電車にのったのだがそれでもついたのは開演ギリギリ。やむなくタクシーを・・・と思ったらタクシー乗り場に長蛇の列!しかもいる人いる人中年女性!

「どこまでー?」
「あっ、八王子市民会館までお願いします。」
「わっかいお客さんだなー。」

たいして旅したわけでもないのにタクシーの運転手さんはきさく。なぜだ。

「いつごろおわんのかな?いやね、今日2時にも同じコンサートあったでしょー。あれでもうすごくってねー。おばちゃんたちってすごいよねー。昼観て夜も観るんだってさあ~。」

・・・自分の存在がなにか少し場違いのようにも思えてきた。演歌のコンサートははじめてなんです、といった私になぜか爆笑したあと5秒くらいマジ顔になった運転手さん、あなたのその空白の意味を知りたかったです。

収容人数1800人強の八王子市民会館はきよしと中年女性一色。きよしTシャツをきた中年女性、きよしはっぴを着た中年女性、きよし帽子をかぶる中年女性。そしてそこは非常に申し訳ないがとてもくさかった。私はけっこうな香水アレルギーなのだ。これほどまでに大量の中年女性が集まったのを最後に見たのはいつの日か-卒業式か、謝恩祭か。めまいがしてくる。

ゆっくりとライトが消えるとキャーッ!!という歓声とともに総立ち・・・にはならなかった。さすがおばさん。体力は温存しておくらしい。本人がいもしないのに叫ぶのは愚の骨頂か。なかなか勉強になる。しかしあやしげなきよしライトがあちこちで点く。あとで知ったのだが、これは氷川きよしのコンサートグッズとして売られている蛍光ライトで、先がハート(ピンク)のと星(ブルー)がある。なんとなくクリィミーマミのようだ。

そしていよいよ金色の光沢のある王子ちっくなスーツにピンクの花輪をつけ白いメッシュのマントに身を包んだ本人登場。演歌歌手でしかありえないこの度肝をぬく衣装に唖然とした私だったが、会場は猛烈なきよしコール。

「きよしくううううううん!」
「きよしーあいしてるううう!」
「きよしくんこっちむいてえええ~!」


XXくん、こっちむいてってコンサートで言う人ってまだいたんだ、と関心するのも束の間私はなにか不自然なことに気がついた。そう、誰も立っていないのだ。

私は今回は運がなく、実は二回の立見席で見たのだが、会場は総立ちならぬ総座りだった。年齢層の高い演歌コンサートではおそらく誰も立たないのだろう。のんびり歌を聴くのもわるくな・・・

「きよしくぅぅぅぅぅぅぅぅん!!!」

歌聴けよ。

そしてこれもウリのうちなんだろうが・・・なぜそんなにどもる、きよし?もともと舌ったらずなしゃべりかたをするほうだな、とは思っていたが、トークではどもりまくりで、支離滅裂だ。二言目には「体を大事に。」なんだかじじむさい王子だ。その初々しさが人気の秘訣なのだろう。

そして、演歌のコンサートには司会者がいた。知らなかったためちょっとしたショックだった。本人がお色直しをしている間、トークでお客様を笑わせたりするようだ。会場全体の雰囲気はNHK歌謡コンサートそのもの。ちょっと安っちい照明といい、動いたりする意外にも派手な装置つきの舞台といい、これがこのまま放映されてても無問題だろう。

そして私のカルチャーショックはコンサート中盤でおこった。それは「きよしのふれあいタイム」!歌手、氷川きよし氏はファンとのふれあいを大事にするのが売りな人物で、コンサート裏にご招待、温泉ツアーなどファンのハートをガッチリキャッチする技を心得てるとは聞いていたが、コンサート中にまで客と会話コーナーを設けているとはしらなんだ。カルチャーショックを味わう。オジー・オズボーンとの語らいコーナーがあったらはたして成功しただろうか。ここまで気さくだとなんだか学芸会のノリだ。

「こんにちはー今日はどなたといらっしゃったんですかー?」
「こんにちはー!今日はきよともといっしょでえ~」

・・・氷川きよし関連でできた友達のことをきよともと言うのだそうだ。さすが、言葉使いにはうるさい年長者だけのことはある。私も見習わねばならん。さらにきよし、「おばあちゃんとはなそう」コーナーでは、テレたのか恐縮したのかおばあちゃん2人に拒否られる。素敵だ。

今回選ばれた幸運なファン2名にはきよしの汗がしみこんだ手袋とサインいり色紙が配られていた。

氷川きよしはすごい奴だ-と真剣に思ったのは、アンコール前に幕が下りる時、口に指をあて客にむかって「しぃ~」っとやったあと、

今日は本当にありがとうございましたー!

肉声で言ったのだ。マイクを通さず。

今売れっ子の彼はテレビだラジオだコンサートツアーだと過酷なスケジュールを強いられていることだろう。新譜がリリース間近だし、ファンともふれあわないといけない。ノドだって極限状態なのではないだろうか。そんな中、ファンのためなら素で声をはりあげる、それが氷川きよしの根性なのだなあ、とガラにもなく感動した。

アンコールにはノリのいい「きよしのドドンパ」「ズンドコ節」が続けて入ったのだが・・・これほどまでにファンと曲と歌手が一体化しているというのも最近ではめずらしい現象じゃないかと思う。曲が聞きたいのか、氷川きよしが好きなのか、それとも合いの手を入れたいだけなのか・・・なんとなく米米クラブのコンサートを見ているようだ。(ファンが踊り狂うがあまり誰もステージを見ていないことがあるというので有名だった)

帰りに危なくきよしグッズを買うところだったが、冷静になり却下。駅までの道は延々と中年女性の列が続く。よく見ると娘らしき人物と一緒の人も多い。ふと腹部に軽い痛みを感じた。そう、コンサートは6時半からで今は8時20分。仕事場を出たのが5時で昼飯は12時。腹も減るはずだ・・・と吉野屋にかけこみ、豚丼とお茶でほっと一息。

次回はもっと事前にチケットを購入してもっといい席を・・・と次回のことを考え始めている自分がそこにいた。氷川きよし「初恋列車」は2月9日発売。

(Today's article is about "Enka" concert that I went. I am not patient enough to explain what Enka is... it's just a category of music original to Japan. Think of it like Country to American. If I find a good way to explain everything in English, I will update this article. Sorry~)
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-06 23:12 | 思考回路(Diary)
<< Lの謎に迫る! DEATH N... インフルエンザ注意報 Flu ... >>