AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
大人になれない Not so mature
小さい頃は大人は皆偉いと思っていた。スーツを着て通勤電車に乗り込む大人たちは洗練されていて賢そうでなによりも「オトナ」に見えた。私もいつか、あんなふうにスーツを着て満員電車に乗るのだ、と私は信じて疑わなかった。

私にとって大人になるということは、単に20になるということではなく、ちゃんと毎日働いてお金を稼ぐことだった。そういう観点から見ると私は大人になるのが異常に遅かったといわなければなるまい。

一度仕事のようなものをしていたが、職場は大学だしどこか学生の延長のような仕事だった。また大学に戻ってなんだかだやっているうちに20代後半になってしまい、今になってやっとバイトとはいえ10-6でオフィスで仕事をしている。もちろん通勤電車だ。

それは雪がちらつく寒い朝だった。ホームで電車を待っていた私はふと思った。

-私もオトナに見えるだろうか-

見えるに違いない!服装はカジュアルとはいえ、通勤らしいバッグももっているし、なんといっても通勤電車だ!誰も私がこれから仕事にいくと疑う人はいないだろう!私もあの頃夢見たオトナの姿をしているのだろうか?洗練されて、賢そうで、オトナ・・・??

ふと手を見るとそこには肉まんが湯気をたてていた。

・・・腹減ったから肉まん食べてたんだった・・・

何かおかしい。これは洗練されたオトナの-いや、大人でなくてもいい、これは女性の姿なのだろうか??女どころかモノを食っているすらいないではないか!というかみたことねえ!(飢えてそうな兄ちゃん以外は)私が紙から肉まんの皮をはがして食べていたのは見られたか-!?

日本人は極端に公共の場で飲食することを避け、また否定的だと私は常々思う。あまり歩きながら、そのへんで座りながら、メシを食ったり何か飲んだりしている人をみない。皆お行儀よくカフェやマックでイスに座り、飲食する。それも「飲食店」限定だ。(その割には道がずいぶん汚れているが)そう、駅で人をつきとばそうと、シルバーシートで老人の前で寝たふりをしようと、歩き食べはタブーなのだ。

私の母はわりと厳しい人だったので、徹底的に「女の子はこうあるべき」というマナーを叩き込まれた覚えがある。歩きながらモノを食べないというのは彼女にとっては空気を吸うよりあたりまえのことだし、彼女の「飲食店」のカテゴリーに吉野家はない。そんな母がいたにもかかわらず、私はこんなふうに育ってしまった。彼女は決して悪くない。これは私がこういう人間だったということだ。

急に少し心細くなった。小さい頃から「してはいけないこと」や「しなければいけないこと」ばかりを見つめさせられ、残りは「自由」と呼ばれた。自由は消去法。長い時間をかけ、本当の自分を探し求める我々は、その先に「あってはならない自分」しか見つけられないこともある。

そんな風に感じるとき、日本にいることがちょっとしんどくなる。悪い場所だとは思わない。気が抜けない場所なだけだ。

電車が来る前に私は肉まんを完食した。朝の肉まんって、あっついな~?


I was a dreamy child. I thought I will someday become sophisticated, intelligent, and "mature" like any other adults. (I used to think that all adults are mature…) I thought it's cool to be an adult and felt like I will be able to do anything once I become one.

To me, being an adult meant to work full time. Technically, we become adults when we are 20 in Japan, but I thought (and still think) that the coming of age should be different for different kinds of people.

So I have to say that I am an extremely late-bloomer... I once worked but went back to college and stayed there until very recently. What I'm doing right now is a part-time job, but I work full time in an office. At last, in my late 20s, I am getting a feeling of what it means to be an "adult."

This was my thought the other day. It was a cold, snowy morning and I was waiting for a train. Hey, I thought. Maybe I look like a real "adult." Sure, I dress casual for work but here I am waiting for a commuter train on weekday... I must look like what I used to dream of... sophisticated, intelligent, and MATURE...?

Then I saw what I had in my hands. A large steamed pork bun. Wait a min... do mature women eat pork bun at train stations in the morning? or in the afternoon? what about on streets??

MAYBE NO.

I just realized that not only females but also most PEOPLE do not eat outside, standing or walking... except for kids.

Did those morning commuters see me peeling the skin of the bun from the sheet and ate it? Maybe.

As long as I know, Japanese people tend to avoid eating or drinking on streets. In Tokyo, people don't mind pushing others on crowded streets and don't give a rat's ass about people in need, but they do mind eating outside. I remember that my mom used to tell me million times not to eat or drink at places that are not home or restaurants. (She thought that a noodle stand doesn't count as a restaurant, btw.) She was pretty strict about how girls should behave in public and she seemed to pound every bit of knowledge that she had into my small brain.

Well, now that I think about it, she probably did the right thing. Most of what she said about manners seemed to be practiced by majority of people. Yet how I turned to be a at-station-pork-bun eater? It's not my mom's fault, really.

To me, she was a nice side of education. What I had to face at schools were things I SHOULD NOT DO. They first told us what we HAVE to do, whether we liked it or not. Then they told us what we are PROHIBITED to do. The rest, they called it, was "independence."

What a life. Most of our lives are shaped with DON’T DOs. Sometimes I feel suffocated. we struggle for so long just to find what we want to do, only to find what we are NOT SUPPOSED TO DO.

I feel a little pessimistic whenever home. Japan is not a bad place to live, but it’s not a relaxing place for me.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-28 20:36 | 思考回路(Diary)
<< Bad Communication Another Code >>