AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
ある日森のなか One day in a forest
今日読売新聞にこんな記事が載っていた。
クマへの善意、集まりすぎ
エサ不足のクマに、都会のドングリを贈ろうという呼びかけに、反響が広がっている。18日の読売新聞で紹介した自然保護団体「日本熊協会」の指定送り先には、封筒や小包、段ボールで二百件を超すドングリが届いている。
全国からの問い合わせが殺到し、協会の電話もパンク状態で、ドングリ集めは一度中断する。
今後は協会では福井、富山県で仕事を手伝ってくれるボランティアを募集している。


一般的に、クマはかわいいらしい。森のくまさん、クマのプーさん、ぬいぐるみのテディーベア・・・私も以前2匹ほどテディーベアを人からいただいた。が、実はあまり熊がかわいいとは思わない。現実世界で熊に遭遇することを考えるとテディーベアなんてあまり信用できない気がするからだ。まあしかし、動物は全般的にわりと好きだ。すべての動植物がいてこその自然であって生活というものなのではないか、と思うし、理性的に考えると昆虫など忌み嫌う理由も特にみつけられない。

でもクマはかわいいらしい。

かわいいうさぎやミンクも毛は皮ごと剥いでフカフカコート、ワニはヘビはバッグや靴。牛も豚も鳥も食べてオッケ~!でもクマはかわいそう!!

私は不思議に思う。なぜ人間のきめた基準で守るべき動物と殺していい動物をわけるのか。そういう自己満足なおごりが生態系を壊してきたのではなかったのか。マスコミは限られた種類の情報しか流さず、人々はそれに影響される。なぜ、人々は、マスコミで流れない情報こそ大事なのだと気づかないのだろうか。

クマを助けるなと言っているわけじゃない。こうなった場合やはり人間の責任としてどうにかすべきだろう。しかし同時に考えるべきなのは、クマが飢えに耐え切れず人里まで降りてくるまで事態に気づくことのできなかった自分たちの無知なのではないだろうか?エサ不足は台風のせいだけだと言い切れるだろうか?森を切り開き、動物たちから生活の場を奪ったのは他の誰でもない、私たちなのだ。

エサを贈ればさぞかしいいことをした気持ちになるだろう。しかしそれは己の過去の清算でしかないと私は考える。でもそれで帳消しにしてすぐに忘れ去ることなどできるのだろうか?人間が動物にしてあげられる、本当の「いいこと」なんて、文明を破壊し口減らしをする以外にないのかもしれないというのに。

人間が捕食されたらどうだろう?私たちは素直にそれを食物連鎖の一つとして納得することができるだろうか?人間には「意識」があるから?人の命は他の動物の命より尊い?そんな重いテーマに真正面からぶつかった名作が「寄生獣」(岩明均 著)
b0005123_21145355.jpg


人間に寄生し、共食いをする寄生獣。食べる側から食べられる側にまわったとき、人はどう変わるのか・・・?ダイナミックな絵と度肝をぬくアイデアが連発なこの作品は私の中でのベスト20には確実に入る。

さらに真剣に「動物を食べる」ということの意味を文学の場で模索したのが宮沢賢治である。皆さんもおなじみ、「注文の多い料理店」には実はそんな深いテーマがある。彼の童話の中であまり知られていないものに「フランドン農学校のぶた」がある。

子供だった私にはじめて、動物を食べるというのはどういうことなのか教えてくれたのがこの短編だ。かなり衝撃的なので、年齢の低いお子様にはオススメしませんが、宮沢賢治の童話は人間と動物のかかわりを深く考えさせる名作ばかりです。

動物が最後の手段を取らざるを得なくなる前に、自分たちにできることを考えてみるのも大事だと思う。メディアは世界の断片しか映し出さない。ときにはそれは正しくない姿を私たちにみせる。そんないいかげんな情報に右往左往するのはどうなのだろうか。そして、今瀕死で飢えをしのいでいるのは、クマだけではない。人間が原因で苦しむさまざまな生物がそこにいる。ある意味、公になってからでは遅いのだ。

重い話になりました。ふと思い出したのですが、うちの兄は「ほら、あの宮沢賢治のさあ・・・“注文の少ない小料理屋”?」と言った。少なくちゃ、ダメじゃん。

We have a bear problem in Japan. We are observing unusual amount of rain from series of Typhoons this year, and as a consequence, there isn’t much food left for wild animals. For past few weeks, people reported the appearance of wild bears in towns and media loved that news. Everyday, we hear about poor starving bears caught in net.

And then I found an interesting article on Yomiuri newspaper today. It said
Too much donation for bears: We are having large response from people who are willing to donate nuts for bears… NPO has already received 200 boxes of nuts and their phone lines are always busy due to the tremendous number of calls from all over the world. They will temporarily discontinue this donation program… From now on, they will be looking for people who can work on sites.”

I hear that people normally think that bears are cute. Winnie the Pooh, Teddy Bears…
I used to own two teddy bears that I got as gifts. I don’t particularly like them but I don’t hate them either. When I think about an encounter with wild bear, it’s hard for me to think that those teddies are that trustworthy. Anyway, I don’t hate any living things. They are all parts of the nature and we need all to maintain balance. I think that’s how it should be, whether I like it or not.

Yet, people say bears are cute.

Bunnies and minks will make an excellent winter coats, and crocodiles and snakes will turn themselves to beautiful bags and shoes! Cows and Pigs and Chickens are yummy, but oh no! Please save bears!!

I really don’t understand it. Why do we always decide what to protect and what to kill, and pretend like that’s the order of nature? Isn’t that called arrogance and that’s the cause of most destruction of the earth?? Media tells us limited information and the influence is unbelievably strong, yet people tend to ignore things that are not in media.

I will never say that we should not help bears. At this point, it is our responsibility to help them. But I think that what’s important is to think about what we could have done and our ignorance. Why did we not notice until they came down to us? Is the bad weather the only cause of food shortage? It was us who cut down trees and took away their habitats and food.

It must feel really good to “help” poor bears. Yet I think it is just clearing one’s charge. I feel that the only “good” thing we can do to animals and nature is to destroy the civilization and decrease the number of humans.

How would we feel if there’s a species that preys on humans? Will we be able to accept our existence as preys? What about our “consciousness”? Are humans’ lives more important than others’?

There’s an astonishing Manga that tackled these questions without any hesitation. It’s “Kiseijyu” (meaning parasite beast). It describes people’s fear, agony, and sadness when they turned into preys. Pictures are incredible and ideas are skull-shaking. It is definitely one of my best 20 comics. (First picture above)

There is also a famous Japanese writer who presented his deep thoughts on the relationship between humans and animals. It’s Kenji Miyazawa. He is famous for children’s books and short stories, and one of his works “A restaurant with many orders” is a classic. I vividly remember “Pig at Frandon Agricultural School.”

It was too shocking to me as a little child. I will not recommend it to young children, but all of his works make us think about what we are, and how each one of us should deal with our existence.

I think it’s important to think about what we need to do, before animals are forces to take their last step. And it’s not only bears that are starving. There are thousands of others out there who suffer because of us. It’s often too late when it’s public.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-20 21:21 | 思考回路(Diary)
<< 冬だ!ペンギンだ! Winte... にゃあ Mew >>