AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
<   2004年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧
byケロヨン
言葉遊び Having fun with Japanese
この広い世の中には、日本を8年も離れていた人間に結婚式のスピーチを頼む、なんとも無謀な人間がいる。

しかも式2週間前に。

世間一般ではスピーチをやりたがらない人のほうが多いそうですね。それなりにつきあいも長く、人前でしゃべる度胸のある「女」はあまりいないということで、半分押し付けられる形でひきうけることになった。

しかし・・・

英語でならともかく、「日本語」で「敬語」でスピーチだと!?大統領にカンチョーするよりヤバイかも。「終わる」「切れる」「もうダメぽorz」などと口走ってしまう可能性大。危機を感じた私は書店に走った。(ネットで調べてもよかったけどネットはときどきデマが蔓延してるから油断はできない。)

「披露宴:女性の短いスピーチ」(知っておきたい披露宴のマナーつき!)

これはぴったりだ!スピーチ集でも半分が男むけだとなんだか損をしたような気になる。私は女だし、未来永劫男性用のスピーチをこしらえるはめにはならないだろう(と思う)。

まずはやはり、「してはいけないこと」を確認。うむ、「こんな態度は嫌われる」

1.いい間違えたとき、舌を出す
2.髪の毛に何度も手をやる
3.きどって話す
4.うつむいてばかりいる
5.キョロキョロして視点が定まらない

・・・結婚式のスピーチのコツというよりは、「会話の一般常識」というかんじだ。でも知らない人もいるのかもしれない。とくに「3」。

さらに、「良いスピーチを作るコツ」

1.どんなスピーチを期待されているのか、テーマをしぼる
2.起承転結にくぎり、話を組み立てる
3.400字~800字程度にまとめる
4.忌み言葉に注意する
5.一つ一つの文章は短めに

文章をあまり書きなれていない人には大変役に立つアドバイスですね。私は起承転結にはこだわらず、新婦の美点を2つ交差させるようにスピーチにとりいれることにした。私は幼馴染として頼まれたので、幼い頃のいい思い出と彼女の性格のよい面について紹介すればいいわけだ。製作時間約10分でした。本は880円(+税)もしたのに!!!

少し気になったので「再婚・晩婚の場合」を読んでみた。なになに、してはいけないことは・・・

「どうして結婚が遅くなったのか、なぜ前の結婚が失敗したかには触れないようにしましょう」

当たり前だ!!!そんなこと言うやつ、人間として失格と言うべきなのではないだろうか!?

「使える引用」もたくさんある。

「難しいのは、愛することではなく、愛されることだ」(ゲーテ)
「理解しあうこと、そのことはたいしたことではない。必要なのは魂の抱擁である」(ジイド)

・・・日本人がいないじゃないか。

ん~日本人らしく和歌はどうだろう?

花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に (小野小町)

アワアワアワアワ( ̄□ ̄;) (注訳:花の色は早くも移ろってしまった。桜の花もこの長雨で散ってしまい、鑑賞する間もなく色変わりしてしまった。
その花と同じように、私自身も、ぼんやりと物思いにふけっている間に、すっかり女の盛りを過ぎてしまったわ。)

さて、私はあまりスピーチや文章に引用を使わない人間だ。どちらかといえば意図的に避けるタイプだ。偉人の言葉などはどうも大きすぎて、自分を通り越して一人歩きしてしまう傾向があるからだ。大きすぎる空の言葉よりも、等身大で心のこもった言葉を作りたい。

それでもいい引用に出会ったときは、しっかり頭にとめておく。ケロヨン特選!人に贈りたい引用集!

怪物と戦う者は、自分も怪物にならないよう注意せよ
深淵を覗き込むとき、深淵もまたお前を覗き込む

フレドリック・ニーチェ

「流れに逆らうことなく、上にいくべきときは上に行き、下に行くべきときには下に行く。上にいくべきときには一番高い塔をみつけてそのてっぺんに登ればよろしい。下に行くべきときには、いちばん深い井戸をみつけて、その底に下りればよろしい。流れがないときには、じっとしておればよろしい。流れに逆らえばすべては涸れる。」
(村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」)

お前は自由だ、だからお前は道を失った。(フランツ・カフカ)

ガクガクブルブル <<(;゚д゚)>> しばらく自重します・・・

結婚式は明日です。非常に不安だ。

There is someone who is crazy enough to ask me to do a speech on her wedding. Me- the person who hadn’t lived in Japan for 8 frigging years.

And she asked me two weeks before the wedding.

Great. According to her, there aren’t many women who have guts to speak in front of people and know the bride well enough. Umm, Japanese women are shy for sure, huh?

I have no problem in public speaking (the only person who will be embarrassed is the person who appointed me.) I don’t think I have a problem making a speech in English, but a speech in JAPANESE with HONORIFIC FORMS??? Don’t think so. (There is a clear distinction between casual and formal style in Japanese, and it is not easy to make a perfectly polite sentence.) So I ran to a bookstore.

“How to make a feminine short speech at wedding”

This is perfect. I am female and I don’t need any speech format for guys. (also, Japanese is quite gendered.) Let’s see “inappropriate behaviors.”

1. Stick your tongue when you make a mistake.
2. Touch your hair too often.
3. Speak snobbish.
4. Keep looking down.
5. Look around and not focusing.

…It seems like to me “common senses of real-life communication.” But hey, there might be people you are young enough to know these ( I sure don’t want to ask them to speak at my wedding though).

Also, here are tips to make a good speech.

1. Know what you are expected and concentrate on one theme.
2. Organize your speech into beginning, body, conclusion (In Japanese, there are 4 steps).
3. Wrap up your speech within 400-800 words.
4. Watch out for “taboo” words (Traditionally, we are not supposed to use words like “end” “cut” or “fail” in wedding speech.)
5. Try to make each sentence short.

I think these are useful tips if the last essay you have written is a high-school essay. The important part for me is 1. I am her childhood friend so I have to come up with some good memories from long time ago. I decided to include two good things about her nature, ignoring step 2. Gee, it took me only 10 minutes. What’s the fuss?? I paid \880 plus tax!!

I took a look at “For second wedding and late wedding” section. What we are not supposed to do is…

“Do not mention why the first marriage did not work out, or why the marriage is late.”

THIS IS JUST A COMMON SENSE AS A HUMAN BEING!!!!

I really don’t want to ask any adult who has to READ this to know that.

Also, there were many “useful quotes.”
Difficult thing is to be loved; not to love. (Goethe)
It’s not important to understand each other. What is important is to hold each other’s spirit. (Gide)

Umm, I don’t see any Japanese quote… I want to introduce you to an ancient Japanese poem, but unfortunately, I do not know how to translate…

Personally, I do not prefer to use quotes in my speech and papers. Those words are too big and sometimes sound hollow. I would rather use my own words, though small and awkward, have real meanings to me. Yet when I run into great quotes, I always keep them in my mind. So, here are my selection of “Heart-warning quotes you want to give to others!!”

Whoever fights monsters should see to it that in the process he does not become a monster. And if you gaze long enough into an abyss, the abyss will gaze back into you.
Friedrich Nietzsche

“Don’t disobey the flow. When you are supposed to go up, go up. When you are supposed to go down, then go down. When you have to go up, find the tallest tower and climb up. When you have to go down, find the deepest well and go down. When there is no flow, stay still. If you go against the flow, everything will dry out.” (from Wind-up bird Chronicle by Haruki Murakami)

You are free, and that is why you are lost. (Franz Kafka)

…Ok, I will shut my mouth up for a while.

The wedding is tomorrow. I am awfully worried.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-29 22:15 | 思考回路(Diary)
ふわり!マフラー2 Fluffy scarf 2
b0005123_2123204.jpg

このマフラーは以前友達にあげたのの色違いで作りました。
彼女にあげたふわふわマフラーがあまりにもかわいく、「しまった、これは自分用にとっておくんだった・・・!」とけっこう後悔したからだ。(すげえケチな発言だ。)

パターン拡大↓
b0005123_21233764.jpg

見にくいと思いますが、糸がななめに走っているのがわかるでしょうか?

作り方 (how to make)

*編み方の基本についてはリンクを参照してください!(For basics, see my links!)

8mm~10mm編み棒 No.13-15 needles

今回は「ハマナカふわり!色番59、35m」を3玉使いました。
(This yarn is from Hamanaka, but you can use any fluffy yarn. It took me 3 rolls (35m each).)

偶数目準備する。私は少し幅を広くしたかったので24目。
(Cast even number of stiches. I cast 24 stiches to make it wider than usual.)

一段目:裏編み、二目一度、掛け目、二目一度、掛け目・・・(繰り返す)、裏編みで終わる
二段目:表編み、二目一度、掛け目、二目一度、掛け目・・・(繰り返す)、表編みで終わる

一段目と二段目をひたすら繰り返す!

Row 1: Purl, *knit 2 tog, yo*, repeat *~* and end with p.

Row 2: Knit, *knit 2 tog, yo*, repeat *~* and end with k.

Repeat row 1 and row 2!

ちょーカンタン・・・なパターンですが、落とし穴は二目一度。二目かけてるつもりで一目落としてるぅぅぅ!ということがよくあります。さらにこういうふわふわ毛糸は間違いも目立ちにくい。よく言えばごまかしがきくが悪くいえば致命的。さらに編み戻しの際にからまっちまうこともあるので、ゆっくり編むのをおすすめします。

でも慣れてくれば1~2日でできます。1玉600円くらいでした。

私にとって、編み物とは、趣味以前に「必要にかられて」という面が強い。数千円~万するニット製品を見ていると、「作ったほうがはるかに安いのでは・・・」と思う。作れば自分の好きなデザイン、好きなサイズのものが手に入る。なにより、安い。

「か~さんが~よなべ~をして~ てぶくろ~あんでくれた~♪」

そこまでの貧困状態ではないが、金がないことは確か。

「へ~編み物するんだ。かわいいねえ。」

なんていってもらえたりもするし、お得なことこのうえない。

The pattern itself is very simple. But you must pay attention to yarn over. Sometimes you think you are taking two stitches but actually taking one. Also, be careful not to make mistakes when using this type of fluffy yarn. It is hard to notice a mistake and to go back.

But when you get used to it, this scarf only takes about two days!

To me, knitting and crocheting are more than hobbies. They are my necessity. Knit products are often expensive and I can’t help but to feel that it will be batter if I make them myself. I can make my own design with preferred color and size.

Guys also think it’s cute that I knit.

Knitting is a great hobby/finance/matchmaker.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-28 21:25 | 手芸(Crafts)
臨界点 Threshold
b0005123_2053232.jpg
「なんとなくスカタン」(運営主:yanyan_akiko様)のパクりのような画像ですが、ブログの趣旨を変えたわけではありません。

見るからに団子とおはぎ。おはぎは何年ぶりだろう。少なくとも3年は食べていない。おはぎ、もち並びにもち米といえば楽しい思い出がたくさんある。

7歳の冬。団地で開催されたもちつき大会、つきたてのもちは参加者に配られるという太っ腹な企画だった。つきたてのやわらかいお持ちに胸を弾ませ、列に並んでいた幼い私に係りのおじさんは言った

「・・・おじょうちゃん、もう7個たべたろ・・・もう帰んなさい。」

(;゚д゚)!!!!!!

10歳の春うらら。そよ風は気持ちよく陽は暖かい、そんな土曜の昼。母は不在で戸棚にはおはぎが。うん、これはつまりお昼はおはぎってことダネ!

特大おはぎを6個食べた私は生まれて初めての腹痛を味わった。おはぎの食いすぎで胃をキリキリとうならせていたサザエさんの気持ちがよくわかった。

人にはさまざまな臨界点(=低温相から高温相への相転移において、低温相が存在しうる限界の温度)がある。私は普段実はそれほど物を食べない。さまざまな理由で人は私を「けっこう少食そう」と見る。

が、もちとピザとハンバーガーとチキンウイングに関しては究極超人並みの臨界点を保持しているらしい。本能の赴くままに食していたら、きっと大変なことになる。いや、なるに違いない。なので大好きなだんご(一本40円)を買うときは「クソ!足りねーよ!」と思う程度しか買わないことにしている。

この上の写真も、二人分です。皆さんの臨界点は何でしょう?

It might seem like I mimicked this web page, but it’ not. I am not changing the theme of my blog.

Round rice balls on sticks are called “Dango” and balls with red beans are called “Ohagi.” I have a lot of pleasant memories about rice cakes.

Age 7, Winter: The management of our apartment organized a rice cake party. All the rice cakes made were given to participants free of charge. I was so happy when I was in line, then someone stopped me;

“You… you already had 7 of them, honey… just go home, all right?”

(;゚д゚)!!!!!!

Age 10, Spring: It was a beautiful spring afternoon. The sun was bright and warm on that Saturday. My mom wasn’t home when I got back, and I just saw Ohagi in a shelf. This must mean that they are my lunch!

After a while, I was in pain from having 6 of them. Now I know the feeling of a cartoon character who was having stomachache from eating too many Ohagi.

Everybody has different thresholds. I normally don’t eat much and people think that I am not a big eater, but when it comes to rice cakes, pizza, hamburgers, and chicken wings, I seem to have unbelievably high threshold. If I eat as I wish, I will gain like 100lbs. So I try not to buy them “enough.”

So, what you are looking at is for two people. What is your threshold?
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-27 20:54 | 思考回路(Diary)
性域なき構造改革 No boundary
昼食に松屋で牛めしを食べていたとき、ふと気づいたら女の客は私だけだった。私は一人で昼食をとるとき、牛丼屋、ラーメン屋、および立ち食いソバ屋などを好んで利用するが、だいたい女性客は少ない。

さらに空港内での待ち時間や乗り継ぎの際にバーカウンターでビールとチップスを頼むのも私の趣味だ。一人でボーっとしてるのは退屈なので、バーのテレビでスポーツとかぼんやり見ながらビールを飲む。しかし女ひとりでカウンターに座る人はあまりいない。

逆に「なんだこの店は!女子校か!」な店もあるのだと思う。私の行動範囲内にはないが、きっとあるのだろう。で、残りが男女共有スペースといったところだろうか。

よく見ると私たちの身の回りはそんな「性域」だらけだ。もっと若くナイーブだった頃、牛丼屋等にはいかない女友達を見て、私は単純に

「女の子って、牛丼キライなんだな」

と思っていた。きっとラーメンとかソバとかよりももっと洋食ちっくな物をゆったり座って食べるのが好きなのだろう、とも。もちろん今ではもっと複雑だとなんとなくわかっている。のんびり、という気持ちや好みもあるだろうが、まず「ここは女ひとりで入る場所じゃない」「女/男らしい店じゃない」といった先入観があるように思う。

先入観。固定観念。人々はまるでそれを社会からのプレッシャーのように言うけれど、本当は私たち自身が作り上げているものだ。与えられた先入観を受け入れ、消化することでその先入観が定着する手助けをしているわけだ。

「女らしさ」「男らしさ」の定義づけはそう簡単にできるものではない。それは一人一人違うものだろうし、流動的な言葉でもある。それは私たちの行動の道しるべにもなるし、制約にもなる。だからこそ、性に対する先入観には十分注意して接する必要があると考える。下手をすると、自分に不利になる先入観をまわりにばらまくことになりかねない。

ちょっと話は違うけど、高校時代弁当を食べるときにフタで隠していた方々、あれは一体なんなんですか?隠されるとすごく中身が気になったんですが、絶対にみせてくれませんでしたね。へびでも入っていたのだろうか?

追記:小泉さんが総理になったとき、ガセネタとびかうミシガンにもそのニュースは伝わり、「○○なき××××」がスローガンと聞いた。どうしても「穢れなき一党独裁」しか思いつかなかった。留学してもダメなものはダメだ。

I had a beef bowl for lunch at Matsuya and I noticed that I was the only female customer. When I eat out alone, I prefer beef bowl shops and noodle shops, but I don’t see many female customers in these places.

Also, I love having beer and chips at a bar counter in airport when I have extra time. It’s boring to just sit and wait, so I want to watch sports on TV and have a sip. Again, there aren’t many female customers who do that kind of stuff.

I am sure that opposite exists. It’s not really within my territory, but there must be stores and restaurants that are dominated by females. The rest would be unisex space.

When I look around closely, I am surrounded by those “sexual/gender boundaries.” When I was younger and more naïve, I used to think that girls simply dislike beef bowl. I thought that girls like western cuisine more and want to eat at relaxing places. Now I know that things are more complicated than that. People have preferences and there might be gender differences, but I think that people also have biases. We sometimes think “This is not a place for a woman to eat alone,” or “This is not very feminine/masculine.”

Bias. Stereotypes. We often talk like it is a external force that society press upon us, but it’s actually our own creation. By accepting biases or stereotypes, we encourage them to grow and spread them in our society.

It is not easy to define femininity and masculinity. Definition defer from a person to another, and the term is quite fluid. It can orient our behavior and at the same time, become our restriction. That’s why I must pay extra attention when I face sex/gender biases. If I am not careful enough, I might spread biases that might disadvantage myself.

BTW, when I was at high school, I have seen many girls who hid their lunch boxes with lids while eating. I was so curious what’s inside SINCE they hid them, but they never ever show the content to others. I really wonder what it was about?? Was there a snake or something inside??
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-26 19:02 | 思考回路(Diary)
勝負 Battle
b0005123_22352010.jpg


チェコのビーズのストラップ・・・とは関係ない話ですが、

西武優勝!!

*中日ファンの皆様、ムカつくかもしれないのでここで断っておきます。私は西武ファンです。

なぜ私は西武ファンなのか。ずばり、地元民だからだ。(他にもいろいろ理由はあるけど)大学時代は自校のバスケやフットボールの応援をしたし、とにかく私は「大阪人だけどヤクルトファン」な友人とは違う。やっぱり地元を応援したい。

渡米してから約8年。日本文化とはかなり遠いところですごしてきた私にとって、久々に日本の野球を見るのは楽しいことだった。フロあがりにビールに野球、な日本のオヤヂ的な娯楽がしたい。ああ、楽しみだ。どんな選手がいるんだろう??

・・・中日が日本シリーズ・・・?

・・・中日なのに星野じゃない・・・????

ずっと日本にいた家族は「あんた何言ってんの」な顔をしていたが、ぜひ想像してみてください。あなたの記憶が1996年頃で止まっていたとしたら。

「落合監督率いる中日ドラゴンズが日本シリーズ優勝なるか?!」

・・・うさんくさい。

ともかく7戦目までもつれこんだ見事な日本シリーズで、12年ぶりだというのに優勝をきめた西武ライオンズ。ファンとして、帰国していきなり日本一をかましてもらえるのは本当にうれしいことだ。

しかし、いくら50年ぶりがかかっていたとはいえ、中日のホームゲームだったとはいえ、今日の某アナウンサー、中日よりすぎです。なんていうか、とても不愉快。たまにオリンピックなどでも露骨すぎる日本への応援をまくしたてるアナウンサーを見るとかなり憂鬱になります。そういうアナウンサーをBGMにしてスポーツみてるのに、

「勝利は二の次。やることに意義が・・・・」

とか言われても、説得力ゼロです。私は別に「西武勝たなかったら来年までブルー」なハードコアファンじゃないので、それなりに中日も応援してましたが、アナウンサーを聞いてて白けた。

ストラップは・・・別にライオンズだから青ってわけじゃないです。新しいバッグ(激安)を買って、無地の黒だったのでそれにつけるストラップを余りビーズで作っただけ。やっぱ、デジカメってすんごいですね!腕が悪くてもキレイにとれた♪

We had the final game of Japan Series (baseball). I am sure that not many of you are familiar with Japanese baseball teams, so I will keep this short.

I support for my local team Seibu Lions (coincidentally, MI football team was also Lions...) and they won the title this year. Yay!

There was one thing. I was really annoyed by TV announcer who was obviously supporting for Chunichi Dragons, that has not won the championship for 50 years. Yeah it will be nice to see them win, and it was their home game, but I was quite disgusted by the announcer's explicit support for them.

It's not just because I am a Lions' fan, but I also get disgusted by announcers during Olympic games sometimes, when they are over-excited. I feel a little ashamed.

When I was a kid, adults often said to me

"The outcome is not important in sport. Just participate and do your best."

But when I see thouse announcers, I feel like a fool if I believe those words. All they care is if their team win or not.

I am not a hard-core Lions' fan, so I was somewhat supportive of Dragons, because it will be fun to see them win after 50 years of silence. That announcer really pissed me off.

Oh, the strap above is just something I made for my new bag!! See the power of my new digital camera!!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-25 23:00 | 手芸(Crafts)
デージーカメカメ Digital Camera
私にPower Shotを強奪されたのが頭にきたのか、経済観念が破綻したのか、親がデジカメを買ってくれた。

コレ!!!!!!!!

Canon IXY D40。液晶モニター2.0形重量115g3.2メガ光学3倍!!

お店で見たときはうーん、まあ薄いし軽いなあ、とぼんやり思う程度でしたが、実際に家で手にとってみたら、これ、異常に薄いです。アキバのLaoxで10%割引をやっていたため、数千円安くあがりました。持つべきものは、電化製品に金を惜しまないスポンサーです。

デジカメ購入前、デジカメならうまく撮れるんだろうなーなんて思いながら3年ぶりのアキバのネオンサインを携帯カメラでバシャバシャ撮っていたら・・・

b0005123_22593426.jpg


構図が悪いうえに、あっ、おじさん前横切った・・・失敗・・・??

誰だ、コレ。鉄腕アトムか!?


I don't know whether my father got pissed because I stole his Power Shot, or he simply lost sense, but he bought me a digital camera today.

It's this!

Canon IXY D40, 2.0 monitor, 115g, 3.2 M!

When I took a look at a store, I just felt that it's light and slim. When I looked at it home, I realized its unbelievably light weight. It's great. They were doing 10% off sale at Laox in Akihabara, so we saved few thousand yen. I love sponsor who love to buy electronics.

And please know that the picture above is taken by my cell phone camera, and not by IXY. It's just a bad picture but the person who crossed in front.... he kind of looks like "Atom," a famous Japanese cartoon character...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-24 23:12 | 思考回路(Diary)
二号見参 No.2 appeared
b0005123_12411920.jpg


皆様の熱い期待に答えようと思ったのか、今日は半ノラ「二号」が顔を出してくれました。

一号と何が違うの!?と思った人、よーく顔をみてください。ちょっと二号のほうが美人です。さらに、おしりの左下に注目。しっぽが長いです。

台風も過ぎてやっと晴れが続くようになったというのに、今度は地震。新潟の皆様、本当にお気の毒です。

To meet people's strong expectation, our half-wild cat "No.2" visited us today.

You might wonder what's different from No.1. Pay close attention to their faces. No.2 is slightly prettier. And see their tails. No.2's got a long tail.

We are finally done with series of monsterous typhoons and now, earthquakes hit Niigata area. I feel really sorry for locals...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-24 12:47 | 思考回路(Diary)
Checkers in MI
Cちゃんのスタバからのトラックバック

今日す

げえものを発見した。

b0005123_143607.jpg


チェッカーズのEP!!!!!

しかもわさわさと押入れから。誰だ!買った奴!?

お前だ!!!


私は初期のチェッカーズが大好きだったし、今でも好きだ。アメリカの片田舎で大音量で「あの娘とスキャンダル」を歌っていたアジア人女性を、近所の住民は変人だと思ったかもしれない。

思えば私がはじめてJPOPに出会ったのもチェッカーズだった。歌詞の意味もわからずに必死で覚えた「涙のリクエスト」は今でも歌える。

私は芸能全般、非常に興味が薄い。なぜならば、いくつかの例外を除けば我が家では民放はご法度だったためだ。ヒットステーションもドラマもワイドショーもケロヨン宅とは無縁なのである。当然、母も

「ほら、あの今売れてる人、小室・・・?」

「今の新撰組ねえ・・・あのスマップとかいう人がやってるのよ。」

とかいっちゃうわけである。

しかし私はこのままでありたいとも思う。前にも言ったが、メディアなんてあまり信用できるものではないと思っているし。

好きな芸能人がカルトリーダーでも構わないのか、と聞かれると悩むが、幸い今までそういう体験はない。ので芸能人の「私生活」と呼ばれているものにはまったくといっていいほど興味はない。その人物の作品が好きか嫌いか。私にはそれがすべてなのである。まったく、プライベートを売ってこその芸能人という考え方や、ゲージツ作ってなんぼ、という考え方はかおぶと同じだ。

チェッカーズうんぬんという話はつい最近までぜんぜん知らなかった。私にとってのチェッカーズはやっぱチェックで(もう誰もきてねーっつの)前髪長くて立ってて、wow wow wowなのだ。

たとえメンバー全員がなんかおっそろしい犯罪に手を染めたとしても、私はやっぱり涙のリクエストを歌うと思う。私にとって、音楽を、作品を愛するというのはそういうことだから。

しかし・・・若い世代の方々、LP&EPって知ってます?これをリアルタイムで聴いた自分にも今す

げえびっくりです。


Today I found something...

My EP collection!!!!

Gee!!! This is a well-known Japanese band called "Checkers." It was one of the most popuar bands of 80s and they were my first love and first J-POP experience. I know most of their earlier songs and I still can sing along.

Maybe people in MI thought I was crazy when I sang their song really loud in my apt, but I really love their music. It is my childhood and my youth.

Recently (about a week ago), I heard about what they are up to now. One of the members passed away and the media said that there is some conflict between other members. I am not really familiar with this issue so I don't have much to say.

At any rate, I really don't care about celebrity's "personal" lives. I will have to think about it whether I could support a musician who is also a cult leader, but at this point, except for some extreme situation, I don't give a damn. If their works' good, then it's all right by me.

It's probably because TV station except NHK (mostly broadcast news, like CNN) was not allowed in my house. There was no MTV, drama, or variety shows in my childhood. As a consequence, my entire family sometimes act like they come from uncivilized backwater cave.

But I like it this way. Just like I said before, I don't know how much I should believe in media anyway. Even if all of the members of Checkers turn criminal or something, I will still want to love their early music. That is the meaning of my love toward art and music.

BTW... do all of you young readers know LP & EP?? I felt really old for having experienced listening to them on real time...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-23 15:13 | 思考回路(Diary)
冬だ!ペンギンだ! Winter! Penguin!
寒くなってきましたね~!冬といえば、これです!
b0005123_22512038.jpg

ペンギン!!

・・・じゃなくて、編み物です。

おわかりの通り、かなり長さが足りてませんが、家で見つけた毛糸で暇つぶしに編んだものなので。数年前に母が使ったモヘアの残りだと思いますが、こういうのは同じ毛糸はもうみつけられないし、長さも中途半端なので、たいていちびマフにしています。

編み物の基礎など、新しくリンクでつけましたので、ぜひ参照を!

I added some links for yarn lovers, so check it out! This is an enlarged photo of the pattern. You can see the direction below!

このパターンは、拡大すると、

b0005123_22553068.jpg


こんなかんじです。

作り方(Direction)

モヘア2玉、超太い針(アメリカだと15号なんだけど、直径1cmくらいのやつです)
2 balls of mohair yarn and size 15 needles

24目(幅は好きに変えられます。ただし偶数目で。)
24 stitches (or any even number)

1段目:全部裏編み(24)
2段目:全部左上二目一度。(12)
3段目:表編みで編み出し増目(24)

Row 1: purl all the way (24)
Row 2: Knit 2 tog. repeat. (12)
Row 3: k1 m1 every stitch. (24)

を繰り返すだけです~。さくさく編めます。カッコの中は目の数です。確かめながらやりましょう。
And repeat Row 1-3 until it's long enough! Numbers in () represent numbers of stitches you will have at the end of row.

実は、最近親からデジカメを強奪しました。Canon Power Shot A40です。すんばらしく重いのですが、すんばらしい画像で、しかもPCに画像を落とすのもら~くらく。

人間の欲望には限度がないのかもしれない。ちょっと前までは携帯のカメラで高笑いをしていた私も今となってはデジカメが欲しい・・・いや、ダッテ・・・毛糸の写真って・・・撮りにくいんダモン・・・(滝汗)

Recently, I robbed my father of his digital camera. It's Canon Power Shot A40. It's nice and heavy but pictures are beautiful. In addition, it's so easy to d/l pictures onto PC.

Maybe there is no limitation to human greed. Just until few days ago, I was quite happy with my cell phone camera. But now... I want...a digital camera... you see?? It's really hard to take a picture of knitting stuff... I am telling the truth...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-21 23:16 | 手芸(Crafts)
ある日森のなか One day in a forest
今日読売新聞にこんな記事が載っていた。
クマへの善意、集まりすぎ
エサ不足のクマに、都会のドングリを贈ろうという呼びかけに、反響が広がっている。18日の読売新聞で紹介した自然保護団体「日本熊協会」の指定送り先には、封筒や小包、段ボールで二百件を超すドングリが届いている。
全国からの問い合わせが殺到し、協会の電話もパンク状態で、ドングリ集めは一度中断する。
今後は協会では福井、富山県で仕事を手伝ってくれるボランティアを募集している。


一般的に、クマはかわいいらしい。森のくまさん、クマのプーさん、ぬいぐるみのテディーベア・・・私も以前2匹ほどテディーベアを人からいただいた。が、実はあまり熊がかわいいとは思わない。現実世界で熊に遭遇することを考えるとテディーベアなんてあまり信用できない気がするからだ。まあしかし、動物は全般的にわりと好きだ。すべての動植物がいてこその自然であって生活というものなのではないか、と思うし、理性的に考えると昆虫など忌み嫌う理由も特にみつけられない。

でもクマはかわいいらしい。

かわいいうさぎやミンクも毛は皮ごと剥いでフカフカコート、ワニはヘビはバッグや靴。牛も豚も鳥も食べてオッケ~!でもクマはかわいそう!!

私は不思議に思う。なぜ人間のきめた基準で守るべき動物と殺していい動物をわけるのか。そういう自己満足なおごりが生態系を壊してきたのではなかったのか。マスコミは限られた種類の情報しか流さず、人々はそれに影響される。なぜ、人々は、マスコミで流れない情報こそ大事なのだと気づかないのだろうか。

クマを助けるなと言っているわけじゃない。こうなった場合やはり人間の責任としてどうにかすべきだろう。しかし同時に考えるべきなのは、クマが飢えに耐え切れず人里まで降りてくるまで事態に気づくことのできなかった自分たちの無知なのではないだろうか?エサ不足は台風のせいだけだと言い切れるだろうか?森を切り開き、動物たちから生活の場を奪ったのは他の誰でもない、私たちなのだ。

エサを贈ればさぞかしいいことをした気持ちになるだろう。しかしそれは己の過去の清算でしかないと私は考える。でもそれで帳消しにしてすぐに忘れ去ることなどできるのだろうか?人間が動物にしてあげられる、本当の「いいこと」なんて、文明を破壊し口減らしをする以外にないのかもしれないというのに。

人間が捕食されたらどうだろう?私たちは素直にそれを食物連鎖の一つとして納得することができるだろうか?人間には「意識」があるから?人の命は他の動物の命より尊い?そんな重いテーマに真正面からぶつかった名作が「寄生獣」(岩明均 著)
b0005123_21145355.jpg


人間に寄生し、共食いをする寄生獣。食べる側から食べられる側にまわったとき、人はどう変わるのか・・・?ダイナミックな絵と度肝をぬくアイデアが連発なこの作品は私の中でのベスト20には確実に入る。

さらに真剣に「動物を食べる」ということの意味を文学の場で模索したのが宮沢賢治である。皆さんもおなじみ、「注文の多い料理店」には実はそんな深いテーマがある。彼の童話の中であまり知られていないものに「フランドン農学校のぶた」がある。

子供だった私にはじめて、動物を食べるというのはどういうことなのか教えてくれたのがこの短編だ。かなり衝撃的なので、年齢の低いお子様にはオススメしませんが、宮沢賢治の童話は人間と動物のかかわりを深く考えさせる名作ばかりです。

動物が最後の手段を取らざるを得なくなる前に、自分たちにできることを考えてみるのも大事だと思う。メディアは世界の断片しか映し出さない。ときにはそれは正しくない姿を私たちにみせる。そんないいかげんな情報に右往左往するのはどうなのだろうか。そして、今瀕死で飢えをしのいでいるのは、クマだけではない。人間が原因で苦しむさまざまな生物がそこにいる。ある意味、公になってからでは遅いのだ。

重い話になりました。ふと思い出したのですが、うちの兄は「ほら、あの宮沢賢治のさあ・・・“注文の少ない小料理屋”?」と言った。少なくちゃ、ダメじゃん。

We have a bear problem in Japan. We are observing unusual amount of rain from series of Typhoons this year, and as a consequence, there isn’t much food left for wild animals. For past few weeks, people reported the appearance of wild bears in towns and media loved that news. Everyday, we hear about poor starving bears caught in net.

And then I found an interesting article on Yomiuri newspaper today. It said
Too much donation for bears: We are having large response from people who are willing to donate nuts for bears… NPO has already received 200 boxes of nuts and their phone lines are always busy due to the tremendous number of calls from all over the world. They will temporarily discontinue this donation program… From now on, they will be looking for people who can work on sites.”

I hear that people normally think that bears are cute. Winnie the Pooh, Teddy Bears…
I used to own two teddy bears that I got as gifts. I don’t particularly like them but I don’t hate them either. When I think about an encounter with wild bear, it’s hard for me to think that those teddies are that trustworthy. Anyway, I don’t hate any living things. They are all parts of the nature and we need all to maintain balance. I think that’s how it should be, whether I like it or not.

Yet, people say bears are cute.

Bunnies and minks will make an excellent winter coats, and crocodiles and snakes will turn themselves to beautiful bags and shoes! Cows and Pigs and Chickens are yummy, but oh no! Please save bears!!

I really don’t understand it. Why do we always decide what to protect and what to kill, and pretend like that’s the order of nature? Isn’t that called arrogance and that’s the cause of most destruction of the earth?? Media tells us limited information and the influence is unbelievably strong, yet people tend to ignore things that are not in media.

I will never say that we should not help bears. At this point, it is our responsibility to help them. But I think that what’s important is to think about what we could have done and our ignorance. Why did we not notice until they came down to us? Is the bad weather the only cause of food shortage? It was us who cut down trees and took away their habitats and food.

It must feel really good to “help” poor bears. Yet I think it is just clearing one’s charge. I feel that the only “good” thing we can do to animals and nature is to destroy the civilization and decrease the number of humans.

How would we feel if there’s a species that preys on humans? Will we be able to accept our existence as preys? What about our “consciousness”? Are humans’ lives more important than others’?

There’s an astonishing Manga that tackled these questions without any hesitation. It’s “Kiseijyu” (meaning parasite beast). It describes people’s fear, agony, and sadness when they turned into preys. Pictures are incredible and ideas are skull-shaking. It is definitely one of my best 20 comics. (First picture above)

There is also a famous Japanese writer who presented his deep thoughts on the relationship between humans and animals. It’s Kenji Miyazawa. He is famous for children’s books and short stories, and one of his works “A restaurant with many orders” is a classic. I vividly remember “Pig at Frandon Agricultural School.”

It was too shocking to me as a little child. I will not recommend it to young children, but all of his works make us think about what we are, and how each one of us should deal with our existence.

I think it’s important to think about what we need to do, before animals are forces to take their last step. And it’s not only bears that are starving. There are thousands of others out there who suffer because of us. It’s often too late when it’s public.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-10-20 21:21 | 思考回路(Diary)


カテゴリ
検索
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧