AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
byケロヨン
大人になれない Not so mature
小さい頃は大人は皆偉いと思っていた。スーツを着て通勤電車に乗り込む大人たちは洗練されていて賢そうでなによりも「オトナ」に見えた。私もいつか、あんなふうにスーツを着て満員電車に乗るのだ、と私は信じて疑わなかった。

私にとって大人になるということは、単に20になるということではなく、ちゃんと毎日働いてお金を稼ぐことだった。そういう観点から見ると私は大人になるのが異常に遅かったといわなければなるまい。

一度仕事のようなものをしていたが、職場は大学だしどこか学生の延長のような仕事だった。また大学に戻ってなんだかだやっているうちに20代後半になってしまい、今になってやっとバイトとはいえ10-6でオフィスで仕事をしている。もちろん通勤電車だ。

それは雪がちらつく寒い朝だった。ホームで電車を待っていた私はふと思った。

-私もオトナに見えるだろうか-

見えるに違いない!服装はカジュアルとはいえ、通勤らしいバッグももっているし、なんといっても通勤電車だ!誰も私がこれから仕事にいくと疑う人はいないだろう!私もあの頃夢見たオトナの姿をしているのだろうか?洗練されて、賢そうで、オトナ・・・??

ふと手を見るとそこには肉まんが湯気をたてていた。

・・・腹減ったから肉まん食べてたんだった・・・

何かおかしい。これは洗練されたオトナの-いや、大人でなくてもいい、これは女性の姿なのだろうか??女どころかモノを食っているすらいないではないか!というかみたことねえ!(飢えてそうな兄ちゃん以外は)私が紙から肉まんの皮をはがして食べていたのは見られたか-!?

日本人は極端に公共の場で飲食することを避け、また否定的だと私は常々思う。あまり歩きながら、そのへんで座りながら、メシを食ったり何か飲んだりしている人をみない。皆お行儀よくカフェやマックでイスに座り、飲食する。それも「飲食店」限定だ。(その割には道がずいぶん汚れているが)そう、駅で人をつきとばそうと、シルバーシートで老人の前で寝たふりをしようと、歩き食べはタブーなのだ。

私の母はわりと厳しい人だったので、徹底的に「女の子はこうあるべき」というマナーを叩き込まれた覚えがある。歩きながらモノを食べないというのは彼女にとっては空気を吸うよりあたりまえのことだし、彼女の「飲食店」のカテゴリーに吉野家はない。そんな母がいたにもかかわらず、私はこんなふうに育ってしまった。彼女は決して悪くない。これは私がこういう人間だったということだ。

急に少し心細くなった。小さい頃から「してはいけないこと」や「しなければいけないこと」ばかりを見つめさせられ、残りは「自由」と呼ばれた。自由は消去法。長い時間をかけ、本当の自分を探し求める我々は、その先に「あってはならない自分」しか見つけられないこともある。

そんな風に感じるとき、日本にいることがちょっとしんどくなる。悪い場所だとは思わない。気が抜けない場所なだけだ。

電車が来る前に私は肉まんを完食した。朝の肉まんって、あっついな~?


I was a dreamy child. I thought I will someday become sophisticated, intelligent, and "mature" like any other adults. (I used to think that all adults are mature…) I thought it's cool to be an adult and felt like I will be able to do anything once I become one.

To me, being an adult meant to work full time. Technically, we become adults when we are 20 in Japan, but I thought (and still think) that the coming of age should be different for different kinds of people.

So I have to say that I am an extremely late-bloomer... I once worked but went back to college and stayed there until very recently. What I'm doing right now is a part-time job, but I work full time in an office. At last, in my late 20s, I am getting a feeling of what it means to be an "adult."

This was my thought the other day. It was a cold, snowy morning and I was waiting for a train. Hey, I thought. Maybe I look like a real "adult." Sure, I dress casual for work but here I am waiting for a commuter train on weekday... I must look like what I used to dream of... sophisticated, intelligent, and MATURE...?

Then I saw what I had in my hands. A large steamed pork bun. Wait a min... do mature women eat pork bun at train stations in the morning? or in the afternoon? what about on streets??

MAYBE NO.

I just realized that not only females but also most PEOPLE do not eat outside, standing or walking... except for kids.

Did those morning commuters see me peeling the skin of the bun from the sheet and ate it? Maybe.

As long as I know, Japanese people tend to avoid eating or drinking on streets. In Tokyo, people don't mind pushing others on crowded streets and don't give a rat's ass about people in need, but they do mind eating outside. I remember that my mom used to tell me million times not to eat or drink at places that are not home or restaurants. (She thought that a noodle stand doesn't count as a restaurant, btw.) She was pretty strict about how girls should behave in public and she seemed to pound every bit of knowledge that she had into my small brain.

Well, now that I think about it, she probably did the right thing. Most of what she said about manners seemed to be practiced by majority of people. Yet how I turned to be a at-station-pork-bun eater? It's not my mom's fault, really.

To me, she was a nice side of education. What I had to face at schools were things I SHOULD NOT DO. They first told us what we HAVE to do, whether we liked it or not. Then they told us what we are PROHIBITED to do. The rest, they called it, was "independence."

What a life. Most of our lives are shaped with DON’T DOs. Sometimes I feel suffocated. we struggle for so long just to find what we want to do, only to find what we are NOT SUPPOSED TO DO.

I feel a little pessimistic whenever home. Japan is not a bad place to live, but it’s not a relaxing place for me.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-28 20:36 | 思考回路(Diary)
Another Code
Another Code 2つの記憶買いました!!!

これだ!これを待っていたのだよ!DSもらったはいいけどソフトが出ない日々が続き、「やっぱりPSPのほうが・・・」と後悔の色が強くなってきていたのだが、これで挽回を望む!!

これは推理・謎解きゲームで、DS特有の「こする」「たたく」などのアクションをもりこんであるのが特徴(てかそれがなかったら買うイミねーっつの)。シリアスな雰囲気で話が進んでいます。もっとやりこまないとまだなんともいえない状態です。

さらに購買欲に加速がかかった。田舎から「別にいらないから」というわけわかんない理由でデパート共通カード2万円分が私に流れてきたのだ。なんてすばらしい親戚なんだ!

b0005123_161201.jpg


今日の戦利品:ジャケット、カーディガン、スカート、パンプス、口紅、ケロロ軍曹10巻

なんか一つだけ系統が違うような・・・気のせいか・・・

昼飯込みでしめて一万はっせんえ~ん♪(た、単価がバレる・・・)

I bought "Another Code" (a game for Nintendo DS)!!! I was waiting for this moment for so long.... well, not that long. But it's true that I was a bit frustrated. I got DS but there were only few games available. Why did they start selling hardware when they weren't ready to sell softwares????

Another Code is a mystery adventure game that you have to solve puzzles and find clues to move on. I love this type of game and I am looking forward to seeing what's unique to DS.

Then I got extra money from relatives~ For some reason, they found no use in gift certificates so they game me $200 worth certificate. Yeeee!

Today I bought; a jacket, a cardigan, a skirt, a pair of shoes, a lipstick, and 10th volume of Sergent Keroro...

And I didn't even spend $200 for all these~ Yeah~
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-27 16:03 | Anime & Game
絵に描いたもち Sensation
村上龍の「はじめての夜、二度目の夜、最後の夜」という中篇小説がある。それを私は人づてに手に入れた。私は村上龍の小説は半分くらいは読んでいるが、どれもそれなりに印象に残る作品だと思う。たとえそれが嫌悪感だとしても、なんらかの強い感情を読者に残すことのできる作家はすごいと私は考える。

が、かの小説で私は類を見ない苦境におとしいれられた。それは飢餓感-

「はじめての夜~」はフランス料理のコースとともに話が進んでいくという少し奇妙な小説だ。ちなみに私はフランス料理なんてフレンチフライ(日本でいうところのフライドポテト)くらいしか食ったことはない。が・・・そのうまそうなことといったら実際に無意識のうちにヨダレがでてきてしまったほどだった。

腹がへった・・・なぜ私は午前2時にこんな小説を読んでいるのか・・・

冷蔵庫を開けたらドレッシングとジャムしかなかった。ドレッシングのジャム和え・・・いやいやいや。冷凍庫をあけたらラム酒が入っていた。ラム酒ドレッシング割り・・・いやいやいや。

当時住んでいたミシガンの田舎町にはラーメン屋の一件もなく、吉牛もない。24時間開いているスーパーとサンドイッチのデリバリーはあるが・・・そういう問題ではなかった。なにかこうフレンチなものが食いたいのだよ!!豪華に!!ワインなど!

空腹に耐え切れなかった私は小説を流し読みし、友人に渡してしまった。「あれおもしろかったのに。なんでとっておかなかったの?」と友人(NY在住)は聞いたが、あれは本当に辛い体験だった。そしてむなしさが増した。日本いや-東京ならこんな辛い思いをすることもあるまいに-贅沢は言わない。この際おいしいカップラーメンでもいい・・・

晴れて(?)日本に帰国した私はしばらく美食と無職を楽しんでいたわけだが、再び罠にはまることになった。このせいだ。

b0005123_21482421.jpg


佐々木倫子はあの「動物のお医者さん」の作者であり、その後も「おたんこナース」、現在では「月館の殺人」など大ヒットを連発しているすばらしい漫画家である。その絵の繊細さとどこか間の抜けたキャラクターたちについ笑いを誘われる。「Heaven?」はなんとフレンチレストランが舞台。料理というよりは「サービス業とはなにか?」をおもしろおかしく考える、悪くない漫画だ。が、

腹減った・・・早くても8時にしか帰宅できない今の私が読むには危険すぎた・・・うまそうだ・・・ワインも飲みたいぞ・・・

これぞまさに絵に描いたもち。

Sometimes fiction can be the source of real sensation. Imagination can be so powerful that it can actually cause pain. That’s what I learned when I read “First Night, Second night, Third night” by Ryu Murakami. The story moves on as courses of French cuisine are served and the essences of the plot correspond with nature of French dinner. It is quite unique.

But I was starved.

Why was I reading that novel at 2 am in middle of nowhere?

I opened the fridge and found a bottle of salad dressing and jam. Umm…dressing with jam? NO. I opened the freezer and found a bottle of Captain Morgan. Umm… Rum with jam? NOOO.

Although the novel wasn’t that bad, I couldn’t bare to read. I skimmed through it and gave it to my friend. She liked the story and asked me why I didn’t keep it, but it was more than I could chew.

It was one of the moment that I missed home- Tokyo. There is nothing that we cannot find in Tokyo (if you don’t care how much you pay). How I wished just to go to Seven Eleven in Japan… At that point, anything was better than Subway.

Since I came home, I had enjoyed luxurious diet but it ended as I started to work. And when I read the comic “Heaven?” It is a comedy about French restaurant. It is more about what service industry faces every day than actual cuisine, but…

They looked so good… And I am too busy to do anything about it. So I ended up starved… AGAIN HERE IN JAPAN.

I guess I will always be hungry, no matter where I am...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-22 21:50 | Anime & Game
怪奇!猫また  Cats
私は生まれも育ちも関東地方なので、日本のほかの地方のことは知らないが、酷寒の地ミシガンから帰国すると、ここでは猫との遭遇率が高いことにあたらめて驚かされる。

団地のまわりに猫、最寄り駅付近に出没するお迎え猫、ベランダにくる猫・・・世の中猫だらけな気分になってくる。

そんなノラ猫達は達観した表情をうかべ、悠然と己の位置をキープしていることが多い。彼らにとって縄張りは「市」とか「県」などの境界線とはなんらかかわりのない、彼らだけの法則でしきられているのだろう。そしてそれは人間には侵すことのできない領域だ。石を投げ、箒で追い払う心無い人たちもいるが、奴らはけっして彼らの地を放棄したりはしない。

・・・少なくとも、そんな風に見える。

私は猫が大好きだ。

今の職場の最寄り駅付近には暗くなると猫が出没する。一匹ではない。少ないときでも3匹はいる。それがなぜか線路脇の塀の上に仲良く並び、駅に向かう人々(たいていはスーツを着てネクタイをしめている)をじっとみつめている。こいつらは決して明るい時分には出てこないので、昼間は寝ているのかもしれない。夜の見張りか、人を見ると癒されるのか、交通量調査のバイト要員なのか!?

毎日通るたびに「うにゃ~ん♪」と思っていた。あまりのかわいさによっしゃ!携帯で写真でも!と思ったが・・・
b0005123_0291887.jpg

ヒー (;゚д゚)

メ、メガンテ!!

When I am in Tokyo area, I cannot help but to notice great number of wild cats that I encounter. It's a big difference from MI which is probably too cold for whild cat to survive in.

They are everywhere here. I see them around my apt, stations, residential areas...

And they seem like they know everything. They maintain their positions in this world and they act by their own rule. They obey no other than themselves so unnatural borders don't mean a thing to them. There are people who chase them with stones or sticks, but they will not abandon their land.

...at least, they seem this way to me.

And I love them for what they are.

The nearby station of my workplace is a famous spot for whild cats after dark. I see at least three every day. They only show up after it gets dark and just watch people going in and out of the station. I don't know what they are doing... maybe counting number of people for research?

They are so cute so I wanted to take a pic. And THAT ↑is what happens when you take a pic without a flash in the dark...

They don't seem to belong to THIS world...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-19 00:37 | 思考回路(Diary)
阿鼻叫喚 Just like Hell
残業 残業 残業

これもカルマの一環か・・・連日の残業続きで真剣に何をする時間もありません。

さらに東京の恐ろしさを実感する毎日。車両故障だ地震だと電車がおくれるたびにこの始末。

b0005123_22215251.jpg


ホームからおちそうで怖くて階段から下りれませんでした。同類落伍者たちとともに階段に立ち尽くし、人が流れるのを待った。

「ラッシュアワー?おおげさだなあ。騒ぐほどのことでもないだろ?」

とのたまったアメリカの田舎モノの学生達に見て欲しい一枚だ・・・

When I say rush hour in Tokyo is like hell, I am not exaggerating.

THIS↑is our rush hour. I was afraid of falling from the platform so I couldn't go down the stairs. People like me were standing in the middle of staircase and just watched...

College kids that I met in MI almost always said that I was exaggerating about Tokyo's rush hour and it cannot be THAT bad. I wish they can see this pic...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-16 22:29 | 思考回路(Diary)
トリュフ Chocolate Truffles
b0005123_22472855.jpg

ばれんた院でございます。

特に盛り上がる理由もないのでございますが・・・お菓子作りの口実として毎年使わせていただいております。いつもお世話になっている皆様へ配る、愛と思いやりと裏心と狂気がこもったトリュフです。

長いこと、私にとってばれんたいんというのは「女の子が男の子にチョコをあげる日」だった。疑ったことはなかった。なぜかホワイトデーの回収率が異常に低い私だが、それでもばれんたいんとは女が一方的に甘いものを送りつけるどことなくメイワクなようなありがたいようなイベントだと信じていた。

渡米するまでは。

アメリカでは逆-とまでは言わないが、どちらかというと男が女にお菓子や花を贈ったりしてろまんてぃっくなでぃなーとかに連れて行く日だったのだ。日本女性は損してる-!?いや、しかしアメリカにホワイトデーはない。それなりにイーブンなのかもしれない。

誰にでもバレンタインにまつわる恥ずかしい思い出は1~2個あることだろう。私のは忘れもしない、高2のバレンタイン。当時私には猛烈に好きな男の子がいてバレンタインに告白するのだ!と決意していた。ラッピングからなにから嫌味にならない程度に手作りにして、ハート型は避け、我ながらシンプルなチョコとクッキーの包みが完成した。

当日は地獄のフタが開いたような寒さだった。それでも今日はばれんた院!颯爽と自転車にまたがったとき、悲劇は起こった。

ケロヨン の じてんしゃ が すべった!
チョコ は ふっとんだ!!
ケロヨン に 100 の ダメージ!!

地面は・・・凍結していた。

10Mほどゆるい楕円を描きながら地面をすっとんでいったチョコの包みを私はじっとみつめた。言葉もなかった。
そしてそのまま何事もなかったように彼にチョコをあげてしまった。

後日、「手作りなんだ、すごいね。おいしかったよ」と言って貰えたが、あれは彼なりの精一杯のやさしさだったのだろうか。それとも中身には何も起こっていなかったのか。私は一生知ることはないのだろう。

以来、バレンタイン用のチョコを箱詰めしていると、自宅前の人気のない通りを回転していったあの包みのことを考える。あの時ほど、チャリからおちたことよりも大事なことがあるように思えたことはなかった。

あの時のチョコはやっぱりおいしかったのかもしれない。


It’s Valentine, everyone! …well, there’s nothing to celebrate for me, really… But it’s always a good excuse for me to bake like hell, right?

Japanese valentine is a little different from American. In Japan, it’s the day that girls confess their love to boys. Boys don’t have to do anything on valentines, instead, we have “white day” which is March 14th and boys have to return something to girls on that day. So for about 19 years, I took it for granted that I give chocolate to guys on Feb 14th.

While I was in the State, I learned that American Valentine is more of a mutual love-sharing between boys and girls. Yet I never ever stopped baking for people I care. I always bake a lot for my friends, family (if they are around), and b/f (if I have one…). And every now and then, I get emergency calls from girls the day before Valentine’s day.

I burned cookies, what should I do!?
I screwed up my truffles~!!
There’s smoke coming out of the oven!!!!

Etc, etc. Hey don’t feel bad about calling me late at night, because it’s EXTREMELY HILARIOUS to see your AMAZING FAILURE.

I am sure that everyone has a story or two when it comes to Valentine’s day. I was 17 and there was a boy I liked. So I decided to give him chocolates and ask him out. I spent the entire weekend making truffles and cookies, and wrapping them. It was not too sweet and not too plain. It was perfect.

The morning of 14th was cold like hell. But hey, it’s valentine! I was excited and I got on my bike…

And I slipped.

Tiny box flew out of the basket and spin for about 10M on the ground.

I had no word.

Yes, the road was frozen. I picked up the box as if nothing had happened and gave it to the boy…

Later, he told me that it tasted very good. Was it his kindness or nothing really had happened to inside? I guess I will never know the truth.

Ever since then, whenever I wrap valentine’s gifts, I think about the tiny box spinning on the lonely street in front of my house. It was the first time I thought there’s something more important than me falling out of a bicycle…

Maybe, it actually tasted good.

Recipe!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-13 22:50 | お菓子(Baking)
トロは性別を超えて Beyond the boundary of sex
トロだニャ~
b0005123_115493.jpg


さっきまで池袋のゲーセンで仲間とたわむれていたのニャー

そこへえらい年増女がやってきて恥ずかしげもなく

「あっ!トロだニャー!!ほしいのニャー!!」

と叫んだのニャ。おかげで連れの人物は100円払ってUFOキャッチャーからボクを取るハメになったのニャー。なのに年増は100円払わなかったのニャー。さすがふてぶてしいのだニャ。

というわけでトロがうちにきた。知らない人もいるだろうが、これはPS2、PSPなどで発売されているほのぼの系ゲームのキャラクター、「トロ」だ。猫語で話すのが特徴。日本では男女を問わず愛されるキャラクターで、ついアメリカのノリで「トロのぬいぐるみ持ってるなんてこいつゲイー?」なんて言ってはいけない。日本人はかわいいものがすきなのである。こんなときばかりは性別の壁を越えやがって。

I am Toro~

I was in a case of crane game in Ikebukuro jest few hours ago.

Then this woman who looked too old to be wanting me screamed my name and said she wanted me. So her friend had to pay 100 yen to get me.

That's right. It's in MY house. This is a cat character named Toro and you will be able to find related games for PS2 and PSP. Toro and his friends, Always together, etc are games that you spend quality time with Toro and teach him language, take pictures, and do variety of other stuff. He is one of the most popupar game characters in Japan today and both boys and girls love him.

When you are in Tokyo, you might see guys with this character toys and you might think they are gay.... but they aren't. We simply love cute things whether we are male or female... when it comes to mascot, we are unisex. :P
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-11 01:17 | Anime & Game
Lの謎に迫る! DEATH NOTE5巻 What are you eating now?
現在も少年ジャンプで元気に(?)連載中の「Death Note」。なにが好きって、1)善悪という重いコンセプトを扱おうというその度胸と2)絵のうまさと

3)Lの食いっぷり

といっても過言ではない。作品中に見るからに怪しい風貌の男が出てくるのだが、身分はそれほど怪しくもない(と思う)。よくも悪くもエキセントリックな彼はL(エル)と呼ばれているのだが・・・とにかく、食う、食う。しかも甘いものばかり食う、食う、食う!

漫画を読んでいるとつい彼と同じペースでメロンやケーキやコーヒーを食したくなってくる。絵がうまいというのもこういうときは辛い。おいしそうに見えるだけだ。

先日待望のコミック5巻が発売になったわけだが・・・とてもきになるコマを発見。最後の方でLがおはぎらしきものを豪快に食べているシーンなのだが・・・

まず1コマ目から気になる。
b0005123_21295751.jpg


一見なんでもないこの平和なコマ。拡大してみよう。
b0005123_21301096.jpg

→→→銀紙咀嚼コース!!→→→


それを裏付けるかのような2コマ目
b0005123_21314115.jpg


銀紙消失を確認するためにもさらに拡大。やっぱりない。
b0005123_21321267.jpg


かくして銀紙はLに食われた・・・と思ったら!?

b0005123_21324040.jpg


!?

これは一体どういうことだ?

私は悩んだ。ここまで絵が細かい漫画家が「描き忘れ」などということがあるのだろうか?やはり「モノを食べるシーン」は連続した動作がポイントなので、おはぎを食い始めたシーンからあくまでも連続した動作として認識すべきだろう。

つまり、

彼は一度銀紙を口に入れた後、出してさらに舐めている。

という風に。デスノ、奥が深い。

Above are few scenes from "Death Note." (popular comic series in Japan) You see this creepy guy named "L" eating something look like dark balls. They don't say what he is eating, but I guess they are type of sweet rice ball with red beans. The question was, where did the FOIL go??

Guessing from the first and the second scene, I cannot help but to think that he ATE it. But then, the last scene shows that he DIDN'T. It simply reappeared. But why?

L is a super-eccentric character. He is extraordinary smart but dress like a punk. So maybe... he ATE the foil and SPIT IT OUT.

Anyway, I am not sure if "Death Note" is out in Western market, but this is a GREAT comic to read. You'll love it. It's exciting, funny, and challenging. This is definitely comic for adults.

Volume 5 was recently released in Japan.
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-08 21:51 | まんがどう?
突撃リポート き・よ・し!
「えむふろうやっぱかっこいいよねー。のーばでぃーのーずとかも好きだよ。笑えるって言えばきしだんだよねー」

久しぶりに日本に帰国すると日本語が宇宙語に聞こえる瞬間がある。これがその一つだ。これらがミュージックグループの名前だと理解するのに私は1~2分かかったが、まあ私の知り合いにはB’zを「びーぜっと」を読む海外在住者がいるから、私はまだマシなほうだ。

だから私はJ-POPは苦手だ。帰ってくるたびに情報を仕入れなおさないといけないし、浮き沈みが激しい。サザンで手を打っておくに限る。さらに音楽は楽しけりゃ問題ないと考えているタイプなので、どこそこのギターうんぬん言うのはめんどくさい。歌って踊れて(重要)笑えればそれでいいのさー

そんな私のささやかな夢をかなえるすごい歌手が日本にはいた!!

きよしだ!!

オイ、ちょっと待て、笑うなそこ!なっなにが悪い!

日本在住の方ならご存知だと思いますが、海外の皆様のためにおさらいをしよう。氷川きよしはビートたけしに見込まれて晴れてデビューできた九州出身の演歌歌手だ。プロフィール、アルバム、顔写真については氷川きよし公式ホームページを見よう。もっぱら顔がいいことと美声、中年女性へのウケの良さで売っている彼だが、私はこの声に惚れた。こっ、この声を生で聞いてみたい・・・!

運良く2月3日に八王子市民会館でコンサートがあるじゃないか!チケットもまだ買えそうだ!いつになくあわてた私はコンサートは誰かと一緒にいくものという固定概念をも忘れてしまったのだろうか、ちけぴに走った。

「ひっ、ひかわきよしの・・・2がつ3かの・・・八王子市民会館の・・・チケット・・・・・

いちまいください。」


やっぱりちょっと恥ずかしかった。

この上なく個人的な理由だったが仕事を早退。近いようで遠い町、八王子へ。ダッシュで電車にのったのだがそれでもついたのは開演ギリギリ。やむなくタクシーを・・・と思ったらタクシー乗り場に長蛇の列!しかもいる人いる人中年女性!

「どこまでー?」
「あっ、八王子市民会館までお願いします。」
「わっかいお客さんだなー。」

たいして旅したわけでもないのにタクシーの運転手さんはきさく。なぜだ。

「いつごろおわんのかな?いやね、今日2時にも同じコンサートあったでしょー。あれでもうすごくってねー。おばちゃんたちってすごいよねー。昼観て夜も観るんだってさあ~。」

・・・自分の存在がなにか少し場違いのようにも思えてきた。演歌のコンサートははじめてなんです、といった私になぜか爆笑したあと5秒くらいマジ顔になった運転手さん、あなたのその空白の意味を知りたかったです。

収容人数1800人強の八王子市民会館はきよしと中年女性一色。きよしTシャツをきた中年女性、きよしはっぴを着た中年女性、きよし帽子をかぶる中年女性。そしてそこは非常に申し訳ないがとてもくさかった。私はけっこうな香水アレルギーなのだ。これほどまでに大量の中年女性が集まったのを最後に見たのはいつの日か-卒業式か、謝恩祭か。めまいがしてくる。

ゆっくりとライトが消えるとキャーッ!!という歓声とともに総立ち・・・にはならなかった。さすがおばさん。体力は温存しておくらしい。本人がいもしないのに叫ぶのは愚の骨頂か。なかなか勉強になる。しかしあやしげなきよしライトがあちこちで点く。あとで知ったのだが、これは氷川きよしのコンサートグッズとして売られている蛍光ライトで、先がハート(ピンク)のと星(ブルー)がある。なんとなくクリィミーマミのようだ。

そしていよいよ金色の光沢のある王子ちっくなスーツにピンクの花輪をつけ白いメッシュのマントに身を包んだ本人登場。演歌歌手でしかありえないこの度肝をぬく衣装に唖然とした私だったが、会場は猛烈なきよしコール。

「きよしくううううううん!」
「きよしーあいしてるううう!」
「きよしくんこっちむいてえええ~!」


XXくん、こっちむいてってコンサートで言う人ってまだいたんだ、と関心するのも束の間私はなにか不自然なことに気がついた。そう、誰も立っていないのだ。

私は今回は運がなく、実は二回の立見席で見たのだが、会場は総立ちならぬ総座りだった。年齢層の高い演歌コンサートではおそらく誰も立たないのだろう。のんびり歌を聴くのもわるくな・・・

「きよしくぅぅぅぅぅぅぅぅん!!!」

歌聴けよ。

そしてこれもウリのうちなんだろうが・・・なぜそんなにどもる、きよし?もともと舌ったらずなしゃべりかたをするほうだな、とは思っていたが、トークではどもりまくりで、支離滅裂だ。二言目には「体を大事に。」なんだかじじむさい王子だ。その初々しさが人気の秘訣なのだろう。

そして、演歌のコンサートには司会者がいた。知らなかったためちょっとしたショックだった。本人がお色直しをしている間、トークでお客様を笑わせたりするようだ。会場全体の雰囲気はNHK歌謡コンサートそのもの。ちょっと安っちい照明といい、動いたりする意外にも派手な装置つきの舞台といい、これがこのまま放映されてても無問題だろう。

そして私のカルチャーショックはコンサート中盤でおこった。それは「きよしのふれあいタイム」!歌手、氷川きよし氏はファンとのふれあいを大事にするのが売りな人物で、コンサート裏にご招待、温泉ツアーなどファンのハートをガッチリキャッチする技を心得てるとは聞いていたが、コンサート中にまで客と会話コーナーを設けているとはしらなんだ。カルチャーショックを味わう。オジー・オズボーンとの語らいコーナーがあったらはたして成功しただろうか。ここまで気さくだとなんだか学芸会のノリだ。

「こんにちはー今日はどなたといらっしゃったんですかー?」
「こんにちはー!今日はきよともといっしょでえ~」

・・・氷川きよし関連でできた友達のことをきよともと言うのだそうだ。さすが、言葉使いにはうるさい年長者だけのことはある。私も見習わねばならん。さらにきよし、「おばあちゃんとはなそう」コーナーでは、テレたのか恐縮したのかおばあちゃん2人に拒否られる。素敵だ。

今回選ばれた幸運なファン2名にはきよしの汗がしみこんだ手袋とサインいり色紙が配られていた。

氷川きよしはすごい奴だ-と真剣に思ったのは、アンコール前に幕が下りる時、口に指をあて客にむかって「しぃ~」っとやったあと、

今日は本当にありがとうございましたー!

肉声で言ったのだ。マイクを通さず。

今売れっ子の彼はテレビだラジオだコンサートツアーだと過酷なスケジュールを強いられていることだろう。新譜がリリース間近だし、ファンともふれあわないといけない。ノドだって極限状態なのではないだろうか。そんな中、ファンのためなら素で声をはりあげる、それが氷川きよしの根性なのだなあ、とガラにもなく感動した。

アンコールにはノリのいい「きよしのドドンパ」「ズンドコ節」が続けて入ったのだが・・・これほどまでにファンと曲と歌手が一体化しているというのも最近ではめずらしい現象じゃないかと思う。曲が聞きたいのか、氷川きよしが好きなのか、それとも合いの手を入れたいだけなのか・・・なんとなく米米クラブのコンサートを見ているようだ。(ファンが踊り狂うがあまり誰もステージを見ていないことがあるというので有名だった)

帰りに危なくきよしグッズを買うところだったが、冷静になり却下。駅までの道は延々と中年女性の列が続く。よく見ると娘らしき人物と一緒の人も多い。ふと腹部に軽い痛みを感じた。そう、コンサートは6時半からで今は8時20分。仕事場を出たのが5時で昼飯は12時。腹も減るはずだ・・・と吉野屋にかけこみ、豚丼とお茶でほっと一息。

次回はもっと事前にチケットを購入してもっといい席を・・・と次回のことを考え始めている自分がそこにいた。氷川きよし「初恋列車」は2月9日発売。

(Today's article is about "Enka" concert that I went. I am not patient enough to explain what Enka is... it's just a category of music original to Japan. Think of it like Country to American. If I find a good way to explain everything in English, I will update this article. Sorry~)
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-06 23:12 | 思考回路(Diary)
インフルエンザ注意報 Flu Warning
突然ですが、風邪をひきました。症状からしてインフルエンザです。やっぱり東京は汚くてくさくてもうイヤです。(泣)

金曜の昼間からかなりたっているのもやっとというへタレっぷりだったのだが、私の上司にあたる人は「風邪ですかー?医者いったほうがいいですよ、医者。あ、この書類確認しといてください、あとこれコピーとあとこっちのデータを・・・」と見事ないたわりを披露。テンパってるのは誰も同じということか。

というのも、私は異常なまでに体調が外見に表れないからだ。それは非常に損なことだ。目にくまができたことは一度もないし、顔色が悪くなることもない。よって誰にも同情されず、「辛いんです」というとなまけもの扱いされる。むかつくからちょっとくらい体調が悪くてももう何も言わなくなった。

もっと悪いことには、体調が悪いときも私はちゃんと食うし、食欲も多少はある。体が治ろうとしている証拠なので、すこしでも食欲があればガッツリ食うことにしているのだが、それもまたいけない。「こんなに食ってる奴の体調が悪いわけはない」ということだ。じゃあなにか、「風邪でもちゃんと食べたほうがいいよ」というあの一見いたわりに聞こえるセリフはウソなのか?

さらに間の悪いことに残業。帰りの電車では悪寒が走る。電車のドアに見事にはさまれているオヤジがいたが、笑えない。朦朧とした意識を現実につなぎとめるために友人かおぶに「おかんはお燗のお勘定をみて悪寒が・・・」とメールしてみたがやはり笑えない。

鼻水は出ないし頭痛もないけど、やたら全身に痛みが走るのと、時々「ぼげえっ!」とすごく変な音の咳が出る、というのが症状でした。熱も39度くらいでました。平熱35度なのでいっぱいいっぱいです。

めったに病気をしない私だが、いざ病気になったときには全身全霊をかけて治すことに専念することにしている。ちゃんと食べ、しっかり薬ものみ、ひたすら寝て汗をかく。すると48時間以内にはすっきり直るのが常である。が、このもって生まれた健康顔と、飯をちゃんと食う、という2点において、私の風邪はあまり誰にも同情されない。

ああ、風邪ひくとモモ缶がうまいなあ・・・


というわけで今日の昼間まで寝てました。そしてまだ寝ます。皆さんも風邪には十分注意して、ひきかけの人が近くにいたらまよわずメガ粒子砲でっ!!

I got a flu... Gosh, I am sick and tired of Tokyo... it's too dirty and nasty in here...

I was already feeling bad enough in Friday afternoon. I could hardly stand up. I told my boss about it and he was kind enough to say "Got a flue? You should go to a hospital... yeah... oh, check this documents, make copies of these, and enter the data from here..." Very nice.

It's because it doesn't show on my face. No matter how sick I get, my face don't change much. People are less sympathetic toward not-sick-looking sick people.

To make the matter worse, I eat a lot when I am sick. It's not like I get super humgry... I just have a little appetite, and I know I should eat something especially when I am sick, right? Don't people say we should eat something when we are sick??? But how come people are even less sympathetic toward sick people who eats a lot?

And I had to work overtime. By the time I got on a train, I was shivering from cold. I saw a middle-aged man who got stuck in between doors of a train, but I couldn't laugh. I sent a stupid e-mail to my friend Caobu but it didn't make me laugh. -to put it simply, I was VERY SICK.

I didn't have running nose or headache, but I had terrible pain all over my body and I had a strange cough now and then. I also have fever... These are all symptoms of flu.

You watch out, too...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-05 20:17 | 思考回路(Diary)


カテゴリ
検索
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧