AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
タグ:お菓子 ( 26 ) タグの人気記事
byケロヨン
理力よ共にあれ
今日のお菓子はグリコ「カレノア」
b0005123_16242620.jpg

~繊細で深い味わい プラリネ香るナッツチョコレート~
らしい。
フタをあけると解説文。
フランス語で「カレ」は「正方形」
「ノア」は「木の実」

・・・和風に表現するならば

『正方形木の実的猪口冷糖』

でよろしいだろうか。

そういえば昔歴史の先生が「戦時中は外来語が使えず、カレーライスのことを

「辛味入汁掛飯」

と言ったもんだ、と話したのちにうちの学校でカレーライスのことを
やたらと辛味入汁掛飯と呼ぶのがはやったことがある。

戦後半世紀以上たった今、外来語であふれかえる日本を
わかりやすくしよう!という動きがある。

「外来語」言い換え提案:国立国語研究所「外来語」委員会

完璧な翻訳などというものは存在しない、と私は常々思ってる。
言葉は文化特有のもので、本当の本当のところで互換性はない。

本質にかわりはない。(カレーライス=辛味入汁掛飯)
しかし受け止め方は一つとして同じものはない。
そんなふうに考えると同じ文化だろうが家族だろうが、言葉を
あまり鵜呑みにしちゃいけないな、と思う。所詮、私個人の解釈だ。

フォースでも理力でも好きなほうでいいさ。
本質にかわりなければねw

あっ、チョコ??おいしかったよ♪
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-10-25 16:47 | 栄養素
ジンギスカンドロップス
同僚が北海道みやげに「ジンギスカン ドロップス」をくれた。

あの有名な「ジンギスカンキャラメル」じゃありません。

ドロップスです。

サクマ式ドロップスみたいな缶に入ってるやつです。

「けっこうおいしいよ」

みんなそう言ってました。

嘘つき!!!!



ボエエェェ_| ̄|○、;'.・ 


まじぃ~~~!!まっずううううううううううう
吐き出して1時間たっても残り香が消えない。

なんかこのめくりめく焼肉のタレ
どこまでもつきまとうニンニク臭
焼肉と砂糖水を交互に口に入れているような中途半端なまずさ

肺から悪臭が漂い、触ってしまった指はもはや禁断の領域。

あまりのまずさに写真とろうとしたら携帯のカメラ壊れてるし!!!!!

金だすなら普通にうまいもん買ってこいよッッッ!!!(号泣
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-10-24 16:36 | 栄養素
宝石箱アイス
先日フリーペーパーを読んでいたらなんともなつかしい記事にでくわした。あの「宝石箱」の復刻版が当たるキャンペーンを雪印でやってるんだそうな。

夢の「宝石箱」が当たるキャンペーン(雪印)

一瞬で十数年前にタイムスリップ。
百円玉を1枚と何枚かの十円玉をにぎりしめて近所の酒屋に走った暑い夏。
夏はちゃんと暑くて“宝石”はかみくだくとカリコリいった。

b0005123_14152865.jpg

時代を感じるパッケージ


一見すごそうなアイスだが何のことはない。安っぽいバニラアイスに色(味?)つきの氷の塊が入っているだけ。実を言うとそれほどおいしかったという記憶もない。ただなんか、「楽しいアイス」だった。

「チャーリーとチョコレート工場」で生意気なガキが工場を見て

「なんだこれ!?ぜんぜん意味がないじゃないか!」
と叫ぶとチャーリーが
「お菓子に意味なんていらない。楽しければいいんだ!」

っていうシーンがあるけど、わたパチとかフルーツロールアップ(アメリカグミみたいなお菓子でテープみたいに巻かれててびよよよよ~~~んと伸びるけったいなもの)とか、味は???なのになぜか買っちゃうお菓子ってやっぱり「楽しい」。

アイスが30円、50円だった時代に100円以上するアイスは特に子どもにとっては「超高級品」だったので、あまり食べれず、ガリガリ君で細々と生きつないでいるうちに宝石箱はなくなってしまった。

同僚はがんばって北海道バニラバーを買ってキャンペーンに応募したけど当たらなかったって。

な~んて帰宅したら彼がハーゲンダッツ『アフォガード』を買ってきてくれた。濃厚なバニラにエスプレッソのパンチ。どうかんがえてもこっちのほうがうまいよな。。
b0005123_1416995.jpg

「ビールに意味なんていらない。泡がたってりゃいいんだ。」
といった友人がいたが・・・それはまた別の話。。
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-10-23 14:27 | 栄養素
カカ・オバカ?
ビターマニアのことを「カカオバカ」と呼ぶやつがいる。
それは不二家。

b0005123_1423578.jpg

ビターマニアのこだわり「B」はカカオ70%のスティックチョコレート。
えぐみや苦味をおさえたすっきりビターな仕上がりになっているそうだ。けっこうなことだ。
価格もたしか1箱135円くらい。お手ごろ。
しかし私が惹かれたのはその価格でもサイズでもカカオでもない。
「カカオバカ」というネーミングでもない。

それは箱上部に書かれているこの一言

「カカオバカ(AKA)の渾身の一本」

渾身の一本とまで言われたら買わねばならんだろうよ!!

ちょうど昨日は腸が口から飛び出そうなくらい頭にくることがあったので、夕方の休憩時にブラックコーヒーと共に一本。

む!まろやか!!∑(゚=゚;)

見事なすっきり感。ミルクでもないビターでもない不思議なビター。
適度な歯ごたえ。

・・・

・・・

合格( ̄ー ̄v(何が

ミルクチョコ好きの同僚も満足。
あっという間に半分消えた。

しかしわざわざBAKAとカッコ内にローマ字で表記した上に
Bの文字だけ色を変える凝り方にカカオバカを小馬鹿にした態度が見えなくもない。

「ミルクマニアのこだわり」もあるんだって。

カカオバカにとってこの頃のカカオフィーバーは天国っすね。
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-10-18 14:31 | 栄養素
ウォンカさんのめちゃうまチョコ
映画『チャーリーとチョコレート工場』でおなじみのウォンカバーのお味は

“Whipple-Scrumptious”

これを「めちゃうまチョコ」と訳した訳者に感服する。

映画を観たら誰でも食べたくなってしまう(でもチョコレートの川に人が落ちたりしてたから衛生面には不安が残る)このウォンカバーが近所の輸入食品店で山積みになっているのを発見。

525円(税込み)というお高い値段にも負けずにゴールデンチケットを夢見て購入。

b0005123_11265652.jpg



当然のごとくはいってませんでしたけど

おもちゃなんだしさ・・・入れておいてくれても・・・いいジャン・・・?(泣 (つД`)

気を取り直してチョコを割ってみる。

b0005123_1126416.jpg

あ、かわいい。


ウォンカさんの帽子の形になってる。
でも映画のイメージは平たいバーだったような・・・

今回売ってたのは“Caramel Delight”
中身はライスクリスプととろとろのキャラメル。
スニッカーズを上品にしたかんじ。

他にもいろいろ種類があるらしい。

だいたい映画の販促なんてまずいに決まってると思いこんでいたら
意外にもおいしかった。だが、あくまでも、「意外にも」。
日本人テイストとは決していえないこの甘さ。

久々の海外の甘さにミシガン名物チョコレートファッジを思い出した。
(ミシガンにお越しの際はぜひどうぞ。
口の中で飽和状態の砂糖がジャリっていいます。)

ところで私が買うか買わないか迷っていたとき、
若いお父さんと5歳くらいの男の子が手をつないでチョコの前に立った。
男の子がチョコを一つ手にとって、お父さんらしきその人と顔をあわせて
二人はにっこり笑ってレジに向かった。

ティム・バートンやっぱすごいよ。

チャーリーとチョコレート工場 オフィシャルHP
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-10-10 11:31 | 栄養素
ショコライフ Over 50
b0005123_16154450.jpg

明治「ショコライフ」

小さなパックが並んでいる様子はまるで紅茶のようだった。

パッケージがかわいかった。
量がちょうどよかった。
「玉露」「とちおとめ」などのバリエーションがよかった。

4枚入りで100円のぴったりサイズ。
まさに私向き

黒糖カカオはやさしい甘さ。
薫り高い玉露。
ほんのりビターな厳選カカオ・・・

こういうモノはさっそくブログで紹介しなければ!と明治のサイトにいってみる。


美味しいものを少しずつ食べる“贅沢”
「ショコライフ」8種類
新発売

 明治製菓株式会社(社長:佐藤 尚忠)は、楽しみながら選んで、気軽に購入できる少量設計の高品質チョコレート「ショコライフ」8種類を9月26日から関東・中部・近畿地区で発売いたします。
 増加するシニア世代を意識した魅力ある商品を提供することで、“チョコレートのある豊かな生活”を提案し、新たなユーザー層の獲得とチョコレート市場の拡大を図ってまいります。 明治製菓:プレスリリースより


・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

そして私の目は捉えた。

ターゲット:50歳代のシニア世代を中心に幅広く

50歳代のシニア世代を中心に幅広く


50歳代のシニア世代を中心
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-09-28 16:18 | 栄養素
紙袋いっぱいのチュッパチャップス
b0005123_15585383.jpg
チュッパチャップスの新製品「クレモサ」のキャラメル味を買ってみた。

従来のチュッパチャップスより熱量20%カットとかいってるけど・・・成分表示をみると

「熱量28kcal」

カロリーオフ!!!!ヽ(゚∀゚)ノ


・・・なのか?

従来のチュッパチャップスがいったい何kcalなのかよくわからないので比較のしようもない。手持ちのチュッパチャップス(ミルク)をチェックしてみたがなんかひだひだに隠れて何も見えない。意図的に隠してるんじゃないだろうか。

とあるサイトでみるところによると「46kcal」。
おお、半減だ!!

しかしやっぱりアメリカのお菓子だなあ~という甘さ。パッケージセンスも非常にアメリカ風。

ふと思い出したんだけどアメリカのスーパーは昔懐かしい紙袋を使っている所が多かった。レジで

“Would you like paper or plastic?"

と聞かれ、紙袋ならpaper、ビニールならplastic。ビニール(vinyl)という単語ももちろんありますがビニール袋はplastic bagと言います、普通。

で、30cm×40cmくらいの巨大な紙袋に買ったものを入れてくれる。それを赤ん坊を抱えるようなかんじで腰に乗せて運ぶ。当然持ちにくいし動作も限られてしまうんだけど、そっときれいに持ち帰ることができれば再利用価値は高い。

私の幸せは抱えると顔が隠れてしまうほど巨大な紙袋に食料をつめて帰るとき。上からちらりとワインボトルにフランスパン。そんなとき

「あ~、外国にいるんだ~」

と実感することができた。さすがに大雪の日に紙袋に詰められると困ってしまうのだがそれはそれで「グレムリン」のワンシーンのようでハマってた(ような気がする)。

紙の手触りは懐かしくて温かくてプラスチックの嫌な音がしない。そこにはいろいろな温かみが凝縮して詰まっていたのかもしれない。

私のチュッパチャップスのお気に入りは「ミルク」。
なのになかなか売ってないんだな、これ。
そのうち関西限定のが関東でも売られるらしいんで
次のねらいは「プリン」だ!!

チュッパチャップスHP

b0005123_15522956.jpg

やたら渋いチュッパチャップスの広告

[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-08-22 16:04 | 栄養素
コーヒーとくるみのパウンドケーキ Coffee Walnut Pound Cake

b0005123_21471876.jpg
レシピは下のRecipe!!をクリック  Click "Recipe!!" for the direction.

その昔私はパウンドケーキは

「焼きあがったとき1パウンドあるからパウンドケーキ」

だと信じて疑わなかった。

そんな便利な分銅のようなケーキが家庭で作れれば画期的だ。が、パウンドケーキとは小麦粉、砂糖、バター、卵がそれぞれ1パウンドずつ入るケーキだからそう呼ばれているわけだ。

しかし1パウンドは約453.59グラム。各材料その量が入るとなると・・・

昔はどでかいケーキだったに違いない。

このレシピは甘さを控えてラムのかわりにカルーアで代用できるのがポイント。私はカルーアのほうが好きです♪あとは上にふりかけた砂糖が焼いたあとに香ばしくなります!パウンドケーキは意外とカンタンなのでぜひおためし下さい!

I used to think that we call "pound cake" because it comes out as 1 pound when it's baked.

Well, the truth is that they used to put a pound of flour, butter, eggs, and sugar to make this cake. It's not like people used this cake to weigh...

Of course, we no longer use a pound of each, but the basic is the same.

This recipe is less sweeter than normal pound cake. You can use coffee liquor instead of rum. It's real easy to make one so you should try!

Recipe!!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-03-21 21:19 | お菓子(Baking)
Double Nuts Cookies
b0005123_22525978.jpg


(クッキーのレシピは記事の一番下のRecipeのリンクをクリック!)

なついていたネコににげられた ONE DOWN!

ブログ猫がいる限りメモ帳が更新できなくなったことを知った TWO DOWN!!

親がMP3プレイヤーをCDプレイヤーだと思って買ってきた THREE DOWN!!!

あげくの果てにその愚痴まで聞かされた。私は我が家では最年少でありかつ唯一の女児という立場にもかかわらず、家電製品および母のPCの統括をまかせられている。

家電製品にはさまざまな思い出がある。

勉強の合間に洗濯をやらされる辛さからねだりにねだって買ってもらった全自動洗濯機。これで母さんもラクラクね!と思っていたらある日洗濯物は現れないまま脱水コースに突入したらしい。母は洗濯機のせいにしていたが、おそらく「脱水」ボタンを押したのは彼女であろう。以来「おまかせ」ボタン以外に触ったら我が家の衛生に保証はないと釘をさしておいた。

あまりにビデオ録画の方法を覚えない家族に基本だけ教えようと思ったら逆ギレされて怒鳴られたこともあった。

先日は両親そろってDVDレコーダの録画方法がわからなかったらしく、文句を言われた。HDDつきにしようと言い出したのは父だったと記憶しているが、彼はビデオテープを探し回ったらしい。買ったのは・・・去年だ。

知らないことが悪いことだとは決して思わないし、必要ないならどうでもいいんじゃないかと思う。私自身非常に半端な知識しかないが、少なくとも自分が使いたいと思うものを使いこなすことができる。自分に本当は必要な知識を人まかせにしていると、いつかは痛い目にあうというだけのことだ。

それは電気機器だけの話じゃない。政治にしても、教育にしても、人まかせ、自分ひとりでなにがかわるわけじゃなし、とさまざまな権利を放棄するタイプの人間がいる。やる気がないのは勝手だが、後で逆ギレされても割に合わない。ずいぶん前から「Cちゃんのスタバ」とうちのブログでは「思考をやめてしまった人たち」の話題が多く出ているが、思考をやめ、権利を捨て、一体どこにたどりつけるというのだろう?

このクッキー、なぜダブルナッツかというと、中に普通のアーモンドスライス、まわりに乾煎りしたアーモンドスライスをくだいてまぶしてあるのでそう呼んでいる。乾煎りすると香ばしさ200%になるのでぜひ他のお菓子でもためしてみてはいかがでしょうか。

Today,

One of my favorite half-wild cat avoided me. ONE DONW!

I just realized that as long as I have this blog cat, I won’t be able to renew my memo anymore. TWO DONW!!

My mom bought a MP3 player, thinking that it was CD player. THREE DOWN!!!

And she bitched about it for a while. :P

I happened to be the youngest member of my family and the only female child, but I have been in charge of home electronics ever since I can remember. So I have lots of memories about electronics…

I was so fed up with doing laundry in between my study time, so I asked and asked and finally we got an all-automatic washer. I thought my mom won’t ask me to help anymore since she now only needs to push one button. I was wrong. One day she was pissed that it started spin-dry before washing. I was pretty sure that she pressed “spin-dry” button, but she insisted that she didn’t. So I had to warn her that there is no guarantee of our household sanitation if she gets close to anything but “Auto” button.

There was a time that I got tired of videotaping everybody’s favorite TV shows, so I tried to teach them how to use a VCR. They only got mad and yelled at me.

The other day, my parents complained that they couldn’t use DVD recorder. Well, I am positive that my father is the one who insisted that we get the one with HDD, heard that he was looking for a videotape…

I am not trying to say that everybody should learn these things. If you don’t need it, why should you? We don’t really have to know EVERYTHING about EVERYTHING, right? I am just saying that we should at least know what we NEED to know. Why buy PC if you don’t mean to learn?

The abandonment of knowledge directly leads to the abandonment of rights. When you stop thinking and learning, you automatically throw away many rights you could have exercised with certain knowledge.

I feel like more and more people stop using their brain and let “others’” think for them. And who do they rely on? Mr. President? Give me a break.

Recipe
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-03-06 22:55 | お菓子(Baking)
トリュフ Chocolate Truffles
b0005123_22472855.jpg

ばれんた院でございます。

特に盛り上がる理由もないのでございますが・・・お菓子作りの口実として毎年使わせていただいております。いつもお世話になっている皆様へ配る、愛と思いやりと裏心と狂気がこもったトリュフです。

長いこと、私にとってばれんたいんというのは「女の子が男の子にチョコをあげる日」だった。疑ったことはなかった。なぜかホワイトデーの回収率が異常に低い私だが、それでもばれんたいんとは女が一方的に甘いものを送りつけるどことなくメイワクなようなありがたいようなイベントだと信じていた。

渡米するまでは。

アメリカでは逆-とまでは言わないが、どちらかというと男が女にお菓子や花を贈ったりしてろまんてぃっくなでぃなーとかに連れて行く日だったのだ。日本女性は損してる-!?いや、しかしアメリカにホワイトデーはない。それなりにイーブンなのかもしれない。

誰にでもバレンタインにまつわる恥ずかしい思い出は1~2個あることだろう。私のは忘れもしない、高2のバレンタイン。当時私には猛烈に好きな男の子がいてバレンタインに告白するのだ!と決意していた。ラッピングからなにから嫌味にならない程度に手作りにして、ハート型は避け、我ながらシンプルなチョコとクッキーの包みが完成した。

当日は地獄のフタが開いたような寒さだった。それでも今日はばれんた院!颯爽と自転車にまたがったとき、悲劇は起こった。

ケロヨン の じてんしゃ が すべった!
チョコ は ふっとんだ!!
ケロヨン に 100 の ダメージ!!

地面は・・・凍結していた。

10Mほどゆるい楕円を描きながら地面をすっとんでいったチョコの包みを私はじっとみつめた。言葉もなかった。
そしてそのまま何事もなかったように彼にチョコをあげてしまった。

後日、「手作りなんだ、すごいね。おいしかったよ」と言って貰えたが、あれは彼なりの精一杯のやさしさだったのだろうか。それとも中身には何も起こっていなかったのか。私は一生知ることはないのだろう。

以来、バレンタイン用のチョコを箱詰めしていると、自宅前の人気のない通りを回転していったあの包みのことを考える。あの時ほど、チャリからおちたことよりも大事なことがあるように思えたことはなかった。

あの時のチョコはやっぱりおいしかったのかもしれない。


It’s Valentine, everyone! …well, there’s nothing to celebrate for me, really… But it’s always a good excuse for me to bake like hell, right?

Japanese valentine is a little different from American. In Japan, it’s the day that girls confess their love to boys. Boys don’t have to do anything on valentines, instead, we have “white day” which is March 14th and boys have to return something to girls on that day. So for about 19 years, I took it for granted that I give chocolate to guys on Feb 14th.

While I was in the State, I learned that American Valentine is more of a mutual love-sharing between boys and girls. Yet I never ever stopped baking for people I care. I always bake a lot for my friends, family (if they are around), and b/f (if I have one…). And every now and then, I get emergency calls from girls the day before Valentine’s day.

I burned cookies, what should I do!?
I screwed up my truffles~!!
There’s smoke coming out of the oven!!!!

Etc, etc. Hey don’t feel bad about calling me late at night, because it’s EXTREMELY HILARIOUS to see your AMAZING FAILURE.

I am sure that everyone has a story or two when it comes to Valentine’s day. I was 17 and there was a boy I liked. So I decided to give him chocolates and ask him out. I spent the entire weekend making truffles and cookies, and wrapping them. It was not too sweet and not too plain. It was perfect.

The morning of 14th was cold like hell. But hey, it’s valentine! I was excited and I got on my bike…

And I slipped.

Tiny box flew out of the basket and spin for about 10M on the ground.

I had no word.

Yes, the road was frozen. I picked up the box as if nothing had happened and gave it to the boy…

Later, he told me that it tasted very good. Was it his kindness or nothing really had happened to inside? I guess I will never know the truth.

Ever since then, whenever I wrap valentine’s gifts, I think about the tiny box spinning on the lonely street in front of my house. It was the first time I thought there’s something more important than me falling out of a bicycle…

Maybe, it actually tasted good.

Recipe!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-13 22:50 | お菓子(Baking)


カテゴリ
検索
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧