AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
タグ:レシピ ( 18 ) タグの人気記事
byケロヨン
ボジョレー解禁友の会
外は晴天昼の2時。
我々の「ボジョレー解禁友の会(*注)」は始まった。

(*注:ボジョレー・ヌーボー解禁を建前としたただの呑み会)

1人1ボトル制ということで集まったのはボジョレー4本、
Yellow Tail1本にポルトガルみやげのポートワインが1本。

参加者5名にもかかわらずこの豪華な酒量。
今回はこのワタクシが料理に腕をふるってみた。

b0005123_15455084.jpg


まずトマトとモッツァレラのカプレーゼ(左)

完熟トマトと生モッツァレラをスライスして交互に並べたものに
生バジルをかざり、塩、こしょう、オリーブオイルをかけるだけの
お手軽な一品。(最終的には3皿出した)

材料に金をかけると味の心配はない。

こちらはスモークサーモンのカナッペ(右)

フランスパンにクリームチーズを塗り、
塩もみして酢水で辛味を抜いた玉ねぎのうすぎりを散らし、
スモークサーモンとレタスをのせる。(2皿)

これまた材料がよければ味の心配はない。

今回の大目玉はコチラ。

b0005123_15461461.jpg


ハニーローストポーク
はちみつ、白ワイン、玉ねぎ、にんにく、しょうが、ローズマリー、
塩、こしょうで一晩マリネした肩ロースを200度のオーブンで
じっくり焼いた渾身の一撃。

彼にはもっぱら「やきぶた」だと思われていたようだが・・・

これに

●かおぶ畑直送「ぱりっぱり水菜とじゃこのサラダ」
●かおぶ台所直送「おかんの里芋煮」
●参加者からの貢物:木で乾燥させたという豪華な干しぶどう
●ソーセージ盛り合わせ
●杏仁豆腐

が加わりまさに鬼の宴状態。

日頃の疲れと料理の準備の疲労がピークに達し
私は7~8時にダウン。
酒宴はさらに続いたという。

翌朝起きると

b0005123_15463067.jpg


くまが寝ていた。

クッションをまるまる一個使うこのふてぶてしさ。
誰かうちのくまに気を使ったのだろうか。毛布がかけられていた。

たちこめる酒の匂い。
テーブルの上には食い散らかされたポテトチップス。
そしてその掃き溜めには超立体マスクでキシリア・ザビと化したかおぶが埋もれていた。

会費はやっこさん(写真右)によって支払われていた。

話によると私はカップ麺を大事そうに抱きしめながら寝ていたらしい。
さぞ嬉しそうだったに違いない・・・
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2006-11-20 15:50 | 栄養素
コーヒーとくるみのパウンドケーキ Coffee Walnut Pound Cake

b0005123_21471876.jpg
レシピは下のRecipe!!をクリック  Click "Recipe!!" for the direction.

その昔私はパウンドケーキは

「焼きあがったとき1パウンドあるからパウンドケーキ」

だと信じて疑わなかった。

そんな便利な分銅のようなケーキが家庭で作れれば画期的だ。が、パウンドケーキとは小麦粉、砂糖、バター、卵がそれぞれ1パウンドずつ入るケーキだからそう呼ばれているわけだ。

しかし1パウンドは約453.59グラム。各材料その量が入るとなると・・・

昔はどでかいケーキだったに違いない。

このレシピは甘さを控えてラムのかわりにカルーアで代用できるのがポイント。私はカルーアのほうが好きです♪あとは上にふりかけた砂糖が焼いたあとに香ばしくなります!パウンドケーキは意外とカンタンなのでぜひおためし下さい!

I used to think that we call "pound cake" because it comes out as 1 pound when it's baked.

Well, the truth is that they used to put a pound of flour, butter, eggs, and sugar to make this cake. It's not like people used this cake to weigh...

Of course, we no longer use a pound of each, but the basic is the same.

This recipe is less sweeter than normal pound cake. You can use coffee liquor instead of rum. It's real easy to make one so you should try!

Recipe!!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-03-21 21:19 | お菓子(Baking)
Double Nuts Cookies
b0005123_22525978.jpg


(クッキーのレシピは記事の一番下のRecipeのリンクをクリック!)

なついていたネコににげられた ONE DOWN!

ブログ猫がいる限りメモ帳が更新できなくなったことを知った TWO DOWN!!

親がMP3プレイヤーをCDプレイヤーだと思って買ってきた THREE DOWN!!!

あげくの果てにその愚痴まで聞かされた。私は我が家では最年少でありかつ唯一の女児という立場にもかかわらず、家電製品および母のPCの統括をまかせられている。

家電製品にはさまざまな思い出がある。

勉強の合間に洗濯をやらされる辛さからねだりにねだって買ってもらった全自動洗濯機。これで母さんもラクラクね!と思っていたらある日洗濯物は現れないまま脱水コースに突入したらしい。母は洗濯機のせいにしていたが、おそらく「脱水」ボタンを押したのは彼女であろう。以来「おまかせ」ボタン以外に触ったら我が家の衛生に保証はないと釘をさしておいた。

あまりにビデオ録画の方法を覚えない家族に基本だけ教えようと思ったら逆ギレされて怒鳴られたこともあった。

先日は両親そろってDVDレコーダの録画方法がわからなかったらしく、文句を言われた。HDDつきにしようと言い出したのは父だったと記憶しているが、彼はビデオテープを探し回ったらしい。買ったのは・・・去年だ。

知らないことが悪いことだとは決して思わないし、必要ないならどうでもいいんじゃないかと思う。私自身非常に半端な知識しかないが、少なくとも自分が使いたいと思うものを使いこなすことができる。自分に本当は必要な知識を人まかせにしていると、いつかは痛い目にあうというだけのことだ。

それは電気機器だけの話じゃない。政治にしても、教育にしても、人まかせ、自分ひとりでなにがかわるわけじゃなし、とさまざまな権利を放棄するタイプの人間がいる。やる気がないのは勝手だが、後で逆ギレされても割に合わない。ずいぶん前から「Cちゃんのスタバ」とうちのブログでは「思考をやめてしまった人たち」の話題が多く出ているが、思考をやめ、権利を捨て、一体どこにたどりつけるというのだろう?

このクッキー、なぜダブルナッツかというと、中に普通のアーモンドスライス、まわりに乾煎りしたアーモンドスライスをくだいてまぶしてあるのでそう呼んでいる。乾煎りすると香ばしさ200%になるのでぜひ他のお菓子でもためしてみてはいかがでしょうか。

Today,

One of my favorite half-wild cat avoided me. ONE DONW!

I just realized that as long as I have this blog cat, I won’t be able to renew my memo anymore. TWO DONW!!

My mom bought a MP3 player, thinking that it was CD player. THREE DOWN!!!

And she bitched about it for a while. :P

I happened to be the youngest member of my family and the only female child, but I have been in charge of home electronics ever since I can remember. So I have lots of memories about electronics…

I was so fed up with doing laundry in between my study time, so I asked and asked and finally we got an all-automatic washer. I thought my mom won’t ask me to help anymore since she now only needs to push one button. I was wrong. One day she was pissed that it started spin-dry before washing. I was pretty sure that she pressed “spin-dry” button, but she insisted that she didn’t. So I had to warn her that there is no guarantee of our household sanitation if she gets close to anything but “Auto” button.

There was a time that I got tired of videotaping everybody’s favorite TV shows, so I tried to teach them how to use a VCR. They only got mad and yelled at me.

The other day, my parents complained that they couldn’t use DVD recorder. Well, I am positive that my father is the one who insisted that we get the one with HDD, heard that he was looking for a videotape…

I am not trying to say that everybody should learn these things. If you don’t need it, why should you? We don’t really have to know EVERYTHING about EVERYTHING, right? I am just saying that we should at least know what we NEED to know. Why buy PC if you don’t mean to learn?

The abandonment of knowledge directly leads to the abandonment of rights. When you stop thinking and learning, you automatically throw away many rights you could have exercised with certain knowledge.

I feel like more and more people stop using their brain and let “others’” think for them. And who do they rely on? Mr. President? Give me a break.

Recipe
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-03-06 22:55 | お菓子(Baking)
トリュフ Chocolate Truffles
b0005123_22472855.jpg

ばれんた院でございます。

特に盛り上がる理由もないのでございますが・・・お菓子作りの口実として毎年使わせていただいております。いつもお世話になっている皆様へ配る、愛と思いやりと裏心と狂気がこもったトリュフです。

長いこと、私にとってばれんたいんというのは「女の子が男の子にチョコをあげる日」だった。疑ったことはなかった。なぜかホワイトデーの回収率が異常に低い私だが、それでもばれんたいんとは女が一方的に甘いものを送りつけるどことなくメイワクなようなありがたいようなイベントだと信じていた。

渡米するまでは。

アメリカでは逆-とまでは言わないが、どちらかというと男が女にお菓子や花を贈ったりしてろまんてぃっくなでぃなーとかに連れて行く日だったのだ。日本女性は損してる-!?いや、しかしアメリカにホワイトデーはない。それなりにイーブンなのかもしれない。

誰にでもバレンタインにまつわる恥ずかしい思い出は1~2個あることだろう。私のは忘れもしない、高2のバレンタイン。当時私には猛烈に好きな男の子がいてバレンタインに告白するのだ!と決意していた。ラッピングからなにから嫌味にならない程度に手作りにして、ハート型は避け、我ながらシンプルなチョコとクッキーの包みが完成した。

当日は地獄のフタが開いたような寒さだった。それでも今日はばれんた院!颯爽と自転車にまたがったとき、悲劇は起こった。

ケロヨン の じてんしゃ が すべった!
チョコ は ふっとんだ!!
ケロヨン に 100 の ダメージ!!

地面は・・・凍結していた。

10Mほどゆるい楕円を描きながら地面をすっとんでいったチョコの包みを私はじっとみつめた。言葉もなかった。
そしてそのまま何事もなかったように彼にチョコをあげてしまった。

後日、「手作りなんだ、すごいね。おいしかったよ」と言って貰えたが、あれは彼なりの精一杯のやさしさだったのだろうか。それとも中身には何も起こっていなかったのか。私は一生知ることはないのだろう。

以来、バレンタイン用のチョコを箱詰めしていると、自宅前の人気のない通りを回転していったあの包みのことを考える。あの時ほど、チャリからおちたことよりも大事なことがあるように思えたことはなかった。

あの時のチョコはやっぱりおいしかったのかもしれない。


It’s Valentine, everyone! …well, there’s nothing to celebrate for me, really… But it’s always a good excuse for me to bake like hell, right?

Japanese valentine is a little different from American. In Japan, it’s the day that girls confess their love to boys. Boys don’t have to do anything on valentines, instead, we have “white day” which is March 14th and boys have to return something to girls on that day. So for about 19 years, I took it for granted that I give chocolate to guys on Feb 14th.

While I was in the State, I learned that American Valentine is more of a mutual love-sharing between boys and girls. Yet I never ever stopped baking for people I care. I always bake a lot for my friends, family (if they are around), and b/f (if I have one…). And every now and then, I get emergency calls from girls the day before Valentine’s day.

I burned cookies, what should I do!?
I screwed up my truffles~!!
There’s smoke coming out of the oven!!!!

Etc, etc. Hey don’t feel bad about calling me late at night, because it’s EXTREMELY HILARIOUS to see your AMAZING FAILURE.

I am sure that everyone has a story or two when it comes to Valentine’s day. I was 17 and there was a boy I liked. So I decided to give him chocolates and ask him out. I spent the entire weekend making truffles and cookies, and wrapping them. It was not too sweet and not too plain. It was perfect.

The morning of 14th was cold like hell. But hey, it’s valentine! I was excited and I got on my bike…

And I slipped.

Tiny box flew out of the basket and spin for about 10M on the ground.

I had no word.

Yes, the road was frozen. I picked up the box as if nothing had happened and gave it to the boy…

Later, he told me that it tasted very good. Was it his kindness or nothing really had happened to inside? I guess I will never know the truth.

Ever since then, whenever I wrap valentine’s gifts, I think about the tiny box spinning on the lonely street in front of my house. It was the first time I thought there’s something more important than me falling out of a bicycle…

Maybe, it actually tasted good.

Recipe!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-02-13 22:50 | お菓子(Baking)
チョコレートとナッツのシフォンケーキ Chocolate Chiffon Cake
b0005123_20125663.jpg

ココア味のシフォンにチョコ入りクリームを塗ったシフォンケーキ。レシピは下記を参照。

昨夜ラングドシャーを焼いた私はふと思った。

「特技、趣味がお菓子作り(自称)のわりには、しょぼい年始めじゃないか?」

別にラングドシャーが悪いというわけではないが、一年の初めに「今年もお菓子作るぜい!」という気合を入れるためにも、失敗しないように願をかける意味でも、がツーんと何かでかいものを作るべきではないのか?

ここはやはり、「一度も作ったことのない菓子」に挑戦してみるべきだろう。チャレンジャーケロヨン。もちろん作ったことのないものは星の数ほどある。その一つが意外にも「シフォンケーキ」。

その昔、あるところで私はシフォンを食べたおぼろげな記憶がある。あまり愉快な記憶ではないせいか、そこには薄いモヤがかかっている。そこは家ではなかったように思う。そのシフォンはまず見かけがわるかった。クリームはついていない上に中にはなにも入っていないように見える。しかしプレーンでもおいしいケーキはある。シフォンとはなにやらふわふわしていておいしいものだと伝え聞いた。きっとその口当たりはメレンゲのようにやわらかく、綿アメのように甘く繊細であるに違いない。そう期待に胸を膨らませ、食べた一口は・・・

パサパサしていた。

以来、「シフォンケーキはまずいケーキ」と私の脳にインプットされてしまったのだ。それに材料に重曹が使われていることが多い。重曹・・・汚れをおとすやつか・・・?消臭剤のアレ・・・?まずそう、まずげ、実際まずかった。

はじめておいしいシフォンを食べたのは、数年前の母の手作りシフォンケーキだった。そのミルクティーシフォンケーキはふわふわながらもしっとり感を失っておらず、一口食べたら紅茶の香りがひろがった。すばらしい!シフォンはすばらしい・・・!!

形以外は。

そう、母の作ったシフォンケーキは味こそ最高だったものの、見事に形が崩れてしまっていた。その形、まさにコレ!!
b0005123_20563043.gif

以来我が家でシフォンケーキは「コロッセウム」の異名をとることになり、半永久的に封印されることになった・・・2005年1月14日までは!!

しかしはじめてのケーキのわりにはボケボケしすぎて、水を入れ忘れたりベーキングパウダーを入れ忘れたり卵白が足りなかったり・・・とハプニング続きだった。なのに味も形も素敵♪これも年期かしら、ウフ。こうして我が家の第一の封印は解かれた・・・そのうち関東北部で邪神が復活するかもしれない・・・

明日新潟へスキーしに行って参ります~。雪よ降れ~!!!

The recipe for this chocolate chiffon cake is posted below!

I wasn’t unhappy with the cookies I made last night, but it wasn’t satisfying either. I tell people that my specialty is baking, and THAT was the first thing I baked this year? I HAVE to make something bigger… something I have never tried… to prep myself for the new year and to wish for zero failure!!

Among millions of things I have never baked, I chose chiffon cake. There is a reason why I have never baked a chiffon cake.

Long long ago, there was a little girl (me) and a chiffon cake. She had never eaten chiffon cake but it didn’t look appealing. There was no whipped cream or toppings. She thought it was TOO plain, but she thought again, “maybe it tastes good. Some cakes taste better than they look. I hear that chiffon cakes are famous for its texture. It must melt in my mouth like a cotton candy. It MUST…” And so, she took a bite…and she felt a definite DRYNESS.

Since then, I had been thinking that chiffon cakes taste bad… until I finally ate delicious chiffon cake. It was the one made by my mother. That milk tea chiffon cake was soft and fluffy. It had a rich smell of milk tea. I was impressed with the novel sensation. It was like “THE chiffon cake,” except for its SHAPE.

It looked like the structure above. Yes, so my entire family calls chiffon cake “the Colosseum” even today. And the recipe was sealed forever… So everybody thought until TODAY, Jan 14th, 2005!

I massed up few procedures so I was quite worried… what if I fail…? But it turned out ok. Hehe. So, the first seal was broken today. Something or someone might be released in the Kanto plains…

あまり上品とはいえないお茶の間で食われる我が家のケーキ
b0005123_21185717.jpg


Recipe!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-01-14 21:20 | お菓子(Baking)
真夜中の甘い罠 Midnight Temptation
b0005123_20445291.jpg

年末の料理ラッシュ以来始めての製菓。ラングドシャーと呼ばれるちょっとしゃれたクッキーで市販のはチョコなどがはさまれた形で売ってることが多い。レシピはいつも通り下のRecipeをクリックしてみてねー。

現実に住まう人々にとって、「お菓子を作る時間」はおそらく「午前中」または「昼下がり」だと思う。が、私は完璧な夜行性生物なので、菓子は真夜中に作られることが多い。まるで靴屋の床の下に住む小人のようだ(実際背は低いがそこは放っておいてほしい)。

「ィヤー!夜中にお菓子ぃ?スゴイ太るよお?」

といいつつ人の腹を見るやつはかなり多い。そしてこういう人に限って妙に断定的で批判的だ。たしかに2時前後に就寝する人間にとって真夜中の甘味は致命的かもしれない。が、5時、6時までおきていて、次の日2-3時に起きるという周期の時、夜中の12時にモノ食ってなにが悪い、と私はいいたい。昼飯が5時なら12時には夕飯を食うんじゃい!!それともなにか?お前らは私がグレムリンに変身するのを恐れているとでも?

早寝早起きというのは世間では必要以上に奨励されているようだが、夜勤の人たちは遅寝遅起き、または昼夜逆転が常だ。それは他人がとやかく言う問題ではないと思う。なんでもいいけど自分の基準で人を判断するくせに人の基準には耳を傾けない人とはあまりかかわりたくないと思う。

というわけでうちの台所は日が暮れてから甘いニオイがただよい始める。食後のデザートに焼きたてのパイが出てくると、急に夕食がリッチになったような気がする。(ので夕飯が貧弱になった日にはお勧めだ。)

Do they look familiar? I am sure many of you know Milano cookies from Pepperige farm. This is a type of cooky that uses egg white only instead of whole egg. So they are thin and crispy.

To most people, it's either morning or early afternoon when they bake. To me, who is entirely nocturnal, it is Nighttime. I feel like a dwarf under the floor of a shoe-maker, but it is true.

People say that I will gain more weight if I eat sweets late at night. Those people are pretty judgemental. I guess it's true IF I go to bed before 3am. But often, I have a need to switch day and night so I won't go to bed until 5-6am (or later). That means I wake up in the afternoon. What's wrong with eating cookies at midnight then? Are they afraid that I will turn into a Gremlin?

So called "normal people" say everybody should wake up early and go to bed early, but what about people who work at night? Who's to judge other people's life cycle? There are lots of people out there who uses his standards but don't listen to others'. I really don't want to deal with those people.

So here they are. Milano cookies at night.

Recipe!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-01-13 21:26 | お菓子(Baking)
栗きんとん Sweet Chestnuts
栗きんとん!
b0005123_054549.jpg


なぜ偉そうに言うかというと、今年はが作ったのだ!ワハハハハ!!すごいだろ!

・・・スミマセン。調子にのりすぎました。

でもホント、褒めろ~褒めろ~といいたくなるくらい手間がかかりました。きんとんには色々な作り方があって、これは「プロが作る本物の味!」なるレシピを使ったので、げえっ!と言うくらい手間がかかりますので、あまり参考にはならないかも。写真だとちょっと色が暗いですが、実際はもっと明るくキレイな色です♪

いろいろ面倒なおせち。一品くらいは自分で作ってみようか・・・

そんな無謀なことを考えるあなたのために、(そして来年の自分のために)レシピを載せておきますよ!下の「Recipe」をクリック!

元はといえば、今年のおせちは母が「久しぶりの(私の)帰国なんだから腕をふるう」予定だったはず。私はごろごろしててよかったはず。なのに結局(予想通り)テンパりすぎて、だて巻きは断念。さらには栗きんとんとかずのこは私が作るはめに・・・

きんとんもお菓子も似たようなものだ。そんな理屈でしたが、まあおいしくできました。うちはちょっと砂糖を少なめにしましたが。明日は地元で恒例の市がたちます。楽しみです。


Do you know "Osechi"? It is a type of Japanese cuisine for New Year. We prepare various kinds of dishes for New Year's day and wish good luck. The picture above is one of such food called "Kuri-Kinton." It is made of sweet potato and sweet chestnuts. I think it's golden color is a symbol of wealth.

Do you know more about Osechi? Why don't you check out here?

Recipe
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2005-01-03 00:59 | お菓子(Baking)
型抜きクッキー Christmas cookies
b0005123_21492821.jpg


クリスマスといえば型抜きクッキー。今年も大量に焼いております。どれくらい大量かというと当日に焼ききれず、まだ焼いている始末です。が、焼くそばから妖怪カシタベ~ルに食われていくので別に増えません。

クッキーのレシピはこちら!これはチョコチップクッキーのレシピですが、基本は一緒。なにが違うかというと

1)チョコチップを入れる必要はない
2)めんどくさくても生地はボウルから出してラップに包んでねかす
3)冷蔵庫でねかしたあと、めん棒で平たくしてから型で抜く

これだけ。本を見るとクッキーというのは実にいろんなレシピがあって、分量がかなり違うのですが、私はこれで別に失敗した覚えはない。

さて、型抜きクッキーは「意外と難しい」というウワサを聞いた。その理由を詳しく調査したところ、一番の失敗例は「かたくてかめないクッキー」なようだ。これは実は初心者にはありがちのミスで、原因はずばり

こねすぎ

小麦粉はこねると硬くなる性質があります。うどんのノリですね。あなたがそのクッキー生地をこねればこねるほど奴は強度を増します。だからといってまったくこねないとつながりの悪いぽろぽろのクズクッキーになってしまう。こういう加減を言葉で説明するのは非常に難しいのだが、私なりにつかんだコツは下に掲載しておきます。どうぞ参考にしてください。

毎回毎回帰るたびに思うのだが、私は本の整理をする必要がかなりある。いや、本はいい。漫画だ。はっきりいってもう持っている必要もない漫画が多すぎる。なので今日は泣く泣く漫画を売りにいくことにした。さて、どれを売ろう・・・と思案すること数十分。私がバッグにつめることのできた漫画は

To-y 全巻 (by 上条淳士)
究極超人あ~る 1-5巻 (byゆうきまさみ)
BB. フィッシュ (byきたがわ翔)

・・・脱力。だから本棚あさるのってイヤなんだよ・・・

It's not Christmas without Christmas cookies, right? Here is the picture of cookies I made this year! If you want a recipe, look here. This is a recipe for chocolate chip cookies but the basics are the same. The differences are;

1)No need to put chocolate chips, obviously.
2) Wrap the dough with plastic wrap, even if you feel too lazy to do.
3)Flatten the dough with a rolling pin and use cookie cutters to shape.

There are many different recipes for cookies but this is one definite one for me. It never failed on me.

I heard a rumor that people are having difficulties making good cookies. I researched a bit and found out that the number 1 failure type is "super-hard cookies." I tell you what. The cause is kneading too much.

The more you knead, the harder the dough gets. It's the nature of flour. I posted other tips below for reference. I have to warn you that my recipe is not for everybody. Most of my American friends said that my cookies are "NOT SWEET ENOUGH." So put flosting or more sugar or whatever you want...

クッキーのコツ Tips for cookies
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-12-28 22:34 | お菓子(Baking)
お菓子のススメ Don't give up!
b0005123_21404538.jpg


今年の我が家のクリスマスケーキとなった、ココナッツコーヒーケーキです。おそらくここ数日は一年で一番お菓子作りを挫折する人が増える時期なのではないかと思います。が、あきらめるのはまだ早い!!

レシピのほうはいつも通り下に載せておきますのでぜひ参考にしてください。

今年は私がお菓子担当・・・ということだったのだが、風邪気味の母が食材を買い忘れたり、肉の焼き加減がわからなかったりと不穏なニオイがしたので、結局80%は私が作ることになった。しかしこれも久しぶりの日本の家族とのクリスマス。疲れたが、それなりに楽しかった。

私がお菓子を作るようになったのはおそらく7歳頃。初期の頃はそれはもう打楽器に使えそうなスポンジケーキやこげくさいチョコレート菓子など作った覚えがある。私は確かに手先が器用なほうだし、お菓子作りは性格にあっているが、別にここ数年の間に始めた趣味ではない。だからこそ失敗も少ない。

よくクリスマスやバレンタインに「お菓子を作ってみたいから教えてくれ」と頼まれ、後日「あんな大変なこともうやらない!一人ならぜったい失敗してた!私にお菓子は無理!向いてない!」という泣き言をよく聞く。まあ、興味がないのならやらないほうがいい。まずい手作りのお菓子はわりと救いようがない。

しかし、スキー初心者がいきなり初日に上級者コースをすべれるだろうか?漢字もろくに読めない人が大江健三郎を読めるだろうか?それは無理というもとだ。何事も、慣れと練習。そして努力と経験なしには達成できないものだ。

お菓子作りは一見「誰にでもできるお手軽な趣味」に見えるが、それなりに回数をこなしてこそ、楽に、失敗なく作れるようになる。いきなりクリスマスなどのイベントに大物を作ろうとして失敗した人、あなたの敗因は不器用さではなく、「経験不足」です。

ちなみに今年は自宅用ケーキ、パーティー用にリクエストをうけたガトーショコラ、さらにクリスマス用型ぬきクッキーという3本立てメニュー+ディナーでした。今ちょっと瀕死です。

Post-Christmas is one of the times of the year when I see more people giving up on baking. I think they are too early to quit...

I posted the recipe of my Christmas cake below. It is coconut coffee cake!

My friends often ask me to teach them how to bake for Christmas/Valentine's/someone's BD, etc, etc. Later, most of them cry out that it is too hard for them and they are not so skillful. They always blame theyr clumsiness. I guess you should just quit if you are not even interested.

I started baking when I was about 7-years-old. My early pieces were at state-art level. I baked a cake that I could have used as a drum, and I made smokey chocolate-flavored burned something. It's not like I was born with the talent. I spent 2/3 of my life improving my baking skill.

Baking sure seems easy. It seems like ANYONE can do RIGHT AWAY. But I think the skill required for baking is no easier than skiing or reading philosophy. You must learn certain basic skills, practice, and gain hands-on-experiences.

If you try to bake something big this year fot the first time and fail, the reason probably is not your clumsiness. It is the LACK OF EXPERIENCE. So please don't just give up. It might become your lifetime hobby, so start from something small and keep baking!

Recipe
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-12-27 22:19 | お菓子(Baking)
記憶・記録・パンケーキ Memory, Encode, Pancakes
b0005123_2293569.jpg


オリジナルレシピのパンケーキです。パンケーキとホットケーキの違いはまあ、厚さです。それにホットケーキのほうがよりケーキっぽいです。朝食や昼食には私はパンケーキのほうを好んで食べます。かなり速攻でつくれる上に市販のミックスより格段においしいので、よく作ってます。

寝起きの悪い方なのですが、おきぬけに髪ボーボーでパジャマで半目でシャカシャカ泡立てる私の姿は「み~た~な~」のばあさん並みに怖いらしいが・・・レシピはいつも通り、下に載ってますよ~ん。

人の記憶ほど危ういものはない。心理学の実験で被験者にある犯罪劇のビデオを見せ、目撃証言の信憑性を調べたものがある。犯人は黒い服に黒い帽子、手袋はなし、というような服装だったのだが、被験者の半分に「手袋をしていた犯人は」という文章を使って他の質問をし、後日、犯人の服装についてまた質問したところ、かなりの人数が「犯人は手袋をしていた」と答えた。これが目撃証言が状況証拠にしかならない理由だ。人はそこに存在していないものまで事実と信じ、「記憶」にしてしまうことができる。

「英語教えてくれ~」という依頼が最近増えつつあるが、そこで記憶と記録に関して非常に気になることがいくつかある。

アメリカの大学の講義でノートを取るのはかなりの真剣勝負だった。書き漏らしてテストに出たら悲惨だし、誰かにうつさせてもらったらそいつのノートが落書き同然、ということも多い。後で教授に聞きに言ったら「え、ボクそんなこと話したっけ?」とかほざくボケ教授もいる。(出題はアシスタントが出したりする)同じことを二回聞かないためにも、迅速で的確なノート取りは勉強の要でもあると私は考える。

なのに、なぜ、うちに来る皆はノートを取らないのか。なぜふんふんと聞いただけで「理解した気持ち」になって「ぜったい忘れないつもり」になれるのか。私にはわからない。母は言った

「大丈夫。ホラ、この頭のマイコンピューター5ギガバイトにいれとくから」

5ギガか・・・「英語フォルダ」が5ギガじゃなくて、「マイコンピューター」が5ギガなのか・・・

「あ、そこに書いといて」とまで言う人も多い。文字がかけないのか?

勉強に限らず、記憶がどれだけあてにならないか、実感するときは多いと思う。子供の頃の記憶、複数の人間の間での記憶の食い違い、思い込み・・・

あまりなじみはないと思うが、実は記憶は心理学の分野でもある。物事を認識し、確実に記憶するまでには実にたくさんのプロセスとステップがあり、そうそう簡単には脳に記録されない。現在の人間が使えるメモリに限界があるからだ。よく使う記憶は引き出しやすい場所に入れ、使わない記憶は深い部屋で眠る。記憶が消滅することはないと考えられてはいるが、引き出せるかどうかは条件次第。

何かを覚え、それを使うというのはそれだけ大変なことなのだ。一度見たくらいではしっかりしまえない知識もある。それは引き出しにいれずに机の上におきっぱなしにしておいた紙切れのように、ふっとみつからなくなってしまう。

そういえば以前アメリカにいたときに、日本文化について質問され、答えたら「そんなハズはない!!」と激しく反論されたことがあった。

じゃあ聞くなよ

A recipe for this pancake is posted below. I often make pancakes for breakfast or lunch, because it’s easy! Of course, you can used pancake mix but making from scratch gives richer taste, in my opinion.

I am not a morning person but when I decide to make pancakes, I will make them no matter what. My old roommates used to laugh at me making pancakes in pajamas, hair all over, eyes half closed…

I think about human memory a lot. There was a series of psychological experiments on eye-witness. Researchers showed a videotape of crime scene (burglary) acted by actors to their subjects and tested the accuracy of their memory. Half of the subjects were asked straight-forwarded questions (control group) while the other half was asked a leading question. Although the burglar was not wearing gloves, some of the questions were worded with “a man with gloves.” Later, most of those subjects wrongly recalled that the burglar was wearing gloves. This is the reason why eye witness is circumstantial of indirect evidence. It is easy to alter one’s memory.

These days, I often get a request to teach English, and when I do, I cannot help but to think about human memory and recording (or encoding).

I think that note-taking is the key to be a successful student. It was like a battle when I was attending University in the States. If I miss something, it might be on the exam. There was no guarantee that I can borrow notes from other students, and I found it quite often that other people’s notes are not that useful. Sometimes I have to go and as professors but some of them are dumb enough to say “Oh…did I say something like that…? When?”

But when my friends or family come to me to learn something, I hardly ever see them taking notes. My mother said;

“It’s OK! I will store them in this “my computer” of my brain that has 5 gigabytes!

5 gigabytes…? Not the English folder but the entire system has 5 gigabytes…?

Others say “oh, would you write them down there?” … Are they not able to WRITE?

This is not just about studying. I am sure that you can think of many circumstances that shows uncertainty of memory. How much do you remember from your childhood? Have you ever had any discrepancy of memory with your friends? Have you ever seen a person who remembers something incorrectly?

It is not that well-known, but memory is a subfield of psychology. It is within the subject of cognitive psychology and researchers argue that there are complicated process and steps before one recognizes something and stores that information. Leaning something does not guarantee an instant withdrawal of the memory as well. Some are stored deep into our brains but some are easy to retrieve.

When I learned about memory, it surprised me that learning is a super-complicated task. Most of the things will not be stored fully into my memory. It’s like a paper that is not stored in a folder. I will lose sight of it sooner or later.

Once, I was asked about Japanese culture and I think I answered correctly. But this guy somehow got mad and said “THAT CANNOT BE TRUE!!”

THEN DON’T ASK ME.

Recipe!!
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-12-22 22:10 | お菓子(Baking)