AX
ケロチナミン配合広報企画剤。副作用:ゲーム、漫画、料理、奇行、浦和レッズ
Top

お菓子作りと手芸とゲームと本とカエルとレッズをこよなく愛するアメリカ帰りの頭痛もち hosted by ケロヨン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Updates
レッズの優勝パレードの写真はこちらへ↓

浦和レッズ優勝パレード写真館(1)
浦和レッズ優勝パレード写真館(2)


プロフィール

NAME:ケロヨン(Keroyon)
JOB:調査・分析(Research & Analysis)
OFFICE:広告の企画制作(PR & Advertisement)
STATUS:肩こり(Shoulder pain)

★コメント、TB大歓迎!
でもTBの際は記事に当方のリンクを貼ってください!
↑スパム防止m(_ _)m★

鋼の錬金術師(Full Metal Alchemist)


リラックマ大好き同盟

◆浦和レッズ関連リンク集




栄養源:もち

今月のヒット:浦和レッズ天皇杯優勝!

◆応援しよう!浦和RED DIAMONDS!!(オフィシャルサイト)◆

編み物しよう!


犬と海と空の素材屋さん♪↓
KYOUNO湘南様

Linkのページもぜひ見てね!いろいろあるよ~!

Blog Links


Cちゃんのスタバ
彩りbasket
Living in the edge
エスボックのプランニング・ブティック
サラサレ日記 ~最近少し疲れ気味~
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
浦和EAT 『TULLY..
from urawa stray s..
浦和レッズ初優勝
from 生活のキーワード
にんにく黒酢を飲み始めて..
from 黒酢で健康ダイエット!
サントラ三昧 「チャーリ..
from 山里のすみっこ::朽木針畑山..
リラックマとコリラックマ
from リラックマ
英語で読む漫画 Japanimation!!

b0005123_18265396.jpg
今日ブックオフで「金田一少年の事件簿」1~7巻がなんとセットで150円。即買いです。日本で一時期爆発的な人気があったそうですが、私にはちょっと別の思い入れがある

最近日本のアニメ・マンガはJapanimationと呼ばれ、それ自体一つの分野として広くアメリカで人気が出ている。昔はキワモノ数作だけが翻訳され出版されていた日本のマンガも今ではかなり広いジャンルを普通の本屋さんで買うこともできます。



アメリカ田舎町のへぼ本屋で購入できるマンガの種類は日本の100分の1にも満たない。しかも一冊6~10ドルはする。高い。当然座り読み。続きマンガはめんどくさい。ジャンルもいろいろこだわりが・・・と探したあげくに選んだのがこの「金田一少年の事件簿」の英語翻訳版だった。

正直、マンガを英語で読むのはわりときつい作業です。日本語特有の言い回し、英語ではふきだしに入りきらないせりふもある。それをどう限られたマスに抑えていくか、翻訳者の腕のみせどころだとは思うが、どうしてもつじつまが合わない場所も出てくる。注訳を読み、もとの日本語を想像しつつ横文字で内容を追うのは「マンガ読んで楽しい」というよりは「マンガ読んで疲れる」という表現のほうがあっていたようにも思う。

そしてこのマンガ。あたりまえ、という概念を捨てて読むと、かなり日本語の知識を必要とする部分があることに気づくと思います。読み進めるうちに、「なんでこんな思いまでしてマンガ読む必要が・・・」と思っていた私もしだいに翻訳の面白さ、言語の相互性などにポイントをおいて読めるようになり、結果として翻訳マンガはかなりためになった。

そんなこんなで「英語でしか読んでない作品」というのも私にはかなりある。「あずまんが大王」「ちょびっつ」「いちご100%」「ヘルシング」ななどなど。ハガレンも英語で最初に読みました。金田一も英語がはじめてだったのだが、こうして日本語で読むとキャラクターの性格が変わるように思う。

英語で作品を読んでて一番「ヤラレタ!!!」と思う瞬間がキャラクターが大阪弁なとき。マンガとは違いますがFinal Fantasy VIIのケット・シー、大阪弁でしたよね?あれは英語版だと普通に標準英語です。かなり涙。「ラブひな」のきつねさんも標準語・・・ホラ、性格変わるでしょ?

翻訳で泣き、笑い、踊る。(エ?)こんなマンガの楽しみ方はあるいはひねくれているのかも。でもやっぱり・・・和マンガは日本語で読むに限りますね。当たり前か?

I went to Book Off (used book store) today and found Kindaichi File 1-7 for ¥150 (about a dollar 50). I bought them without hesitation. Kindaichi File is one of the most popular comic series in Japan and it’s about a genius boy “Hajime Kindaichi” who is a grandson of famous detective Kousuke Kindaichi.

Recently, Japanese animation and comic are called “Japanimation” and becoming pretty popular around the world. Before, we didn’t see many of them but today we can purchase variety of Manga at regular bookstores like Barnes and Noble or Boarders.

Yet, what’s available is quite limited. Each cost about $6-10 and that’s ridiculous. So it’s bothering to read a long series… then I found this “Kindaichi File.”

To tell you the truth, it is hard for me to read Manga in English. There are many expressions unique to Japanese, and translators must consider such discrepancy while successfully fitting all the lines into each block. So, some parts don’t make any sense at all. Because I know that it means something else in JAP, I cannot help but to think about the original dialogues. Reading manga could be tiring rather than entertaining.

Additionally, you will need certain knowledge about Japanese and Japanese culture to read manga. Even in Kindaichi file, some of the mysteries are deeply rooted in the structure of Japanese language and Chinese characters. At first, I often felt that I was torturing myself, but eventually I became interested in technique of translation and learned to enjoy English manga.

So, there are some manga that I only read in English, such as “Azumanga Daio,” “Chobits,” “Ichigo 100%,” and “Hellsing.” I also read “Full Metal Alchemist” in English first. When I read those comics in Japanese, I feel that the characteristics of characters change dramatically.

The moment that I most feel cheated while reading manga in English is when the original dialogue is done in dialect. You might not know, but Keit Sie in FF VII and “Kitsune” in Love Hina speak in Osaka dialect. How can you accept if Elizabeth Harley speaks in American English!?

You can laugh at, learn from, or dance with (?) mistranslation. Maybe it's not the "right way" to enjoy manga, but I think it's cool. Oh well, it's a priviledge to read them in oginal language...
[PR]
byケロヨン by windupbird | 2004-09-27 18:29 | まんがどう?
<< 赤鉄鉱=Hematite Tokyo Game Show... >>